現在の位置

梶原寺跡<かじわらでらあと>

西国街道沿いの現在の畑山神社付近に、7世紀後半に建てられた高槻最古の寺院の一つ。裏山には瓦窯が築かれ、東大寺建立のために6000枚の瓦が焼かれたという。付近からは瓦が出土し、建物跡も見つかっているが、残念なことに当時の建物は全く残っていない。

梶原寺跡の写真

住所

 高槻市梶原1-5

エリア

 梶原

アクセス

 梶原バス停すぐ

最寄駅・バス停

 梶原バス停

  • どっちも高槻
  • 花カレンダー
  • 観光歳時記
歴史