現在の位置

入江若水の碑<いりえじゃくすいのひ>

漢詩人で漢詩集「西山樵唱」や「通俗両国志」を表した、入江若水の碑。荻生徂徠の門人でもあった若水(1671年~1724年)は、もともと「亀屋」を屋号にする蔵元。京・宇治辺に移り住まざるを得なくなって、この地を離れる時に詠んだ歌が刻んである。

入江若水の碑の写真

住所

 高槻市富田町4-1-4

エリア

 富田

アクセス

 阪急富田駅より徒歩10分

最寄駅・バス停

 阪急富田駅

  • どっちも高槻
  • 花カレンダー
  • 観光歳時記
歴史