現在の位置

五百住神社<よすみじんじゃ>

創建は不詳だが、日本書紀の安閑天皇御宇に村名の起源があるので、当時から地元村民に篤く崇敬されてきたと思われる。御神体が春日・八坂の二対あるため、双方の社名で呼ばれる。境内は樫木など木々で覆われ、鳥の囀りが絶えない。秋から初冬に敷地一帯は、ドングリなどの木の実で敷き詰められる。

五百住神社の写真

住所

 高槻市桜ヶ丘南町19

エリア

 津之江

アクセス

 登美の里バス停より徒歩2分

最寄駅・バス停

 登美の里バス停

  • どっちも高槻
  • 花カレンダー
  • 観光歳時記
歴史