現在の位置

鍋冠り日親像(一乗寺内)<なべかむりにっしんぞう(いちじょうじない)>

日蓮宗、伝説の名僧の一人で、一乗寺の開創・日親上人は、またの名を”鍋冠理日親(なべかむりにっしん)”と呼ばれるが、これは足利義満の33回忌をきっかけに、当時の幕府に対し日蓮宗への改宗を迫ったことで、真っ赤に焼けた鍋を頭に冠せられるなどの厳しい拷問を受けたことに由来する。一乗寺の境内に入ると、この日親上人の像が参拝者を出迎える。

鍋冠り日親像の写真

住所

 高槻市梶原2-9-12

エリア

 梶原

アクセス

 梶原東バス停より徒歩すぐ

最寄駅・バス停

 梶原東バス停

電話

  072-685-3043

  • どっちも高槻
  • 花カレンダー
  • 観光歳時記
歴史