現在の位置

大塚神社<おおつかじんじゃ>

清和源氏の始祖・清和天皇が、この地を訪れた時に冠を忘れ、それを守っていた村民が天皇崩御後、冠を祀り社殿を造ったのが大塚小神社の始まりとされる。また建武2年(1335年)にこの地を大洪水が襲い、その際に仏像が出現。恵慶なる僧が勧請し、祀ったのが大塚神社の由来とされる 

大塚神社の写真

住所

 高槻市大塚町2-33

エリア

 大塚

アクセス

 北大塚バス停より15分

最寄駅・バス停

 北大塚バス停

  • どっちも高槻
  • 花カレンダー
  • 観光歳時記
歴史