現在の位置

古曽部窯跡<こそべかまあと>

江戸時代後期から明治時代にかけて、五十嵐家四代の陶工が製造していた古曽部焼の窯跡。古曽部焼は庶民だけでなく、茶人や文人にも愛されたという。その素朴な味わいから、現在でも根強い人気がある。

古曽部窯跡の写真

住所

 高槻市古曽部町3

エリア

 古曽部

アクセス

 古曽部台バス停より徒歩5分

最寄駅・バス停

 古曽部台バス停

古曽部・芝谷遺跡

  • 高槻に住もう!たかつき ウェルカムサイト 定住促進特設サイト
  • 花カレンダー
  • 観光歳時記
文化