現在の位置

市長メッセージ(新型コロナウイルス関連)

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージを掲載しています。

市長Letterのバナー画像

市長ビデオ、手話メッセージは以下のリンクをご覧ください。

市長ビデオメッセージ(新型コロナウイルス関連)

市長手話メッセージ(新型コロナウイルス関連)

令和3年4月16日

大阪府内の新型コロナウイルス感染症重症病床使用率が95.1%(4月13日時点)となるなど、医療提供体制が極めてひっ迫していることなどから、大阪府は、5月5日までの間、医療機関への通院、食料・衣料品・生活必需品の買い出し、必要な職場の出勤、屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要なものを除き、大阪府全域における不要不急の外出・移動の自粛を要請しています。

これを受け、本市では、同期間において、市主催のイベント等を中止または、延期とすることといたしました。市民・事業者の皆さまには、ご理解とご協力をいただきますとともに、引き続き、一人一人が、「マスクの着用」、「手洗いの徹底」といった基本的な感染対策に努めていただきますよう、お願いいたします。

濱田剛史

まん延防止等重点措置を実施すべき区域における要請(4月5日~5月5日) 【4月15日内容更新】

令和3年4月13日

4月12日、本市における高齢者への新型コロナウイルスのワクチン接種を、介護保険施設に入所されている方から開始いたしました。

65歳以上の皆さまには、既に接種券を郵送させていただいておりますが、国から配分されるワクチンの量が限られていることから、現在、予約の受付は開始しておりません。5月中旬には予約を、下旬には接種を開始する予定としており、具体的な日程についても早期にお知らせできるよう、努めてまいります。

また、「予診票事前作成コーナー」や「集団接種会場無料シャトルバス」も用意し、円滑に接種していただけるよう準備を進めていますので、今しばらくお待ちいただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

濱田剛史

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について

令和3年4月9日

大阪府は、新型コロナウイルスの感染拡大に対する警戒レベルをレッドステージに引き上げ、府内全域で、不要不急の外出・移動を自粛する等、感染予防に関する要請がなされています。

本市においても、本日から、市有施設の開館時間を午後9時までとしておりますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

また、市民の皆さまには、新型コロナ防衛アクションのもと、一人一人が感染予防の徹底に努めていただきますよう、お願いいたします。

濱田剛史

まん延防止等重点措置を実施すべき区域における要請(4月5日~5月5日) 【4月15日内容更新】

令和3年4月5日

国は、4月1日、大阪府を新型コロナウイルス感染症のまん延防止等重点措置の実施区域と定め、府知事からは、大阪市内と大阪府外への不要不急の外出を控えるなどの要請がなされています。市民の皆さまには、お買い物など外出をされる場合は、感染リスクを下げるため、身近な場所で行っていただくようお願いいたします。

また、引き続き、新型コロナ防衛アクションのもと、一人一人が感染予防を徹底していただきますようご理解・ご協力をお願いいたします。

濱田剛史

まん延防止等重点措置を実施すべき区域における要請(4月5日~5月5日) 【4月15日内容更新】

令和3年4月1日

本日から、新年度がスタートします。昨年度は新型コロナウイルスの影響の中でも、皆さまの感染予防へのご理解・ご協力もあり、成人の集いや安満遺跡公園の全面開園セレモニーなどが無事開催できたことに心より感謝申し上げます。

さて、4月からは、市民の皆さまを対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種が始まります。また、昨年ご好評をいただいたプレミアム付商品券「スクラム高槻『地元のお店応援券』」の第2弾も予定しており、5月には購入引き換え券を送付する予定です。

令和3年度が、新型コロナウイルス感染症の拡大収束及び社会経済活動の回復に向けた第一歩となる1年になるよう、引き続き、感染予防と市民・事業者の皆さまの支援に全力で取り組んでまいりますので、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

濱田剛史

令和3年3月26日

本日、市議会本会議が閉会しました。今議会では、新型コロナウイルス感染症関連を含む各予算が可決・成立しています。

昨年好評だったスクラム高槻「地元のお店応援券」を改めて発行するほか、水道の基本料金の減額や希望する妊婦に対する分娩前のPCR検査受診費用補助、新型コロナウイルス感染症の入院患者(市民)を受け入れる医療機関への補助など幅広い支援を実施します。

市民の皆さまにおかれましては、スクラム高槻の合言葉の下、新型コロナ防衛アクションによる感染予防の徹底に、引き続きご理解とご協力をお願いいたします。

濱田剛史

令和3年3月議会 新型コロナウイルス関連予算について

令和3年3月23日

今週末の3月27日(土曜日)にいよいよ安満遺跡公園が全面開園します。

1次開園エリアの5倍となる広大な敷地には、大屋根付きで人工芝の「SAKURA広場」やトランポリン遊具「ふわふわドーム」などが設置され、カフェやレストラン、ペットサービスショップといった店舗もオープンします。

27日、28日は特に混雑が予想されますので、ご来園時のマスクの着用、来園前後の手洗いなど、一人一人が新型コロナウイルスへの感染予防に留意してお楽しみください。

濱田剛史

安満遺跡公園

令和3年3月16日

緊急事態宣言は2月28日に解除されましたが、引き続き感染予防に取り組んでいただいている状況の中、市内経済や家計への影響は、長く尾を引いています。

そこで、本市では、プレミアム率150%の商品券、スクラム高槻「地元のお店応援券」を改めて発行することにしました。5月中に購入引換券の送付を予定しており、前回と同様、購入額の2.5倍の金額でお使いいただける大変お得な本市独自の商品券です。詳細は決まり次第市ホームページや広報誌に掲載します。ご期待ください。

濱田剛史

プレミアム付商品券事業第2弾 スクラム高槻「地元のお店応援券」の発行について

令和3年3月9日

毎年、春の引っ越しシーズンは市役所窓口が大変混雑します。市ホームページでは、郵送による転出届の提出やコンビニ交付・郵便請求による住民票の写しの発行など市役所に来庁せずに利用できる手続きを紹介しています。また、来庁が必要な場合でも、窓口の混雑状況を市ホームページからご確認いただけます。これらのサービスは、混雑の回避だけでなく新型コロナウイルスの感染拡大防止にも繋がります。ぜひご活用ください。

濱田剛史

郵送や電子申請を活用ください(新型コロナウイルス関連)

住所異動(引越し)の届出

令和3年2月24日

市は現在、市民の皆さんが新型コロナウイルスのワクチン接種を円滑に受けられるよう接種会場の選定や接種券の印刷などの準備を進めています。3月8日からは、ワクチンコールセンターを設置し、ワクチン接種を希望される市民の皆さまからの手続き、接種を受けられる時期や場所などに関する不明点に、お電話でも対応させていただきます。最新情報は市ホームページで、随時、お知らせしていきますので、こちらもあわせてご活用ください。

濱田剛史

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について

令和3年2月16日

昨年12月から利用を開始した子育て世帯応援券の使用期限は今月28日までです。この応援券は、新型コロナの影響を受けた飲食店や小規模店舗を支援すると同時に、中学生までの子どもがいる世帯への生活支援ともなるよう、市が独自に発行したものです。日用品や生活必需品などのお買い物にもご利用いただける大変お得な商品券ですので、ぜひ期限までにご利用ください。

濱田剛史

「子育て世帯応援券」(商品券)の配布について

令和3年2月9日

1月14日に緊急事態宣言が発令されてから約1カ月が経過しました。市民・事業者の皆さまの新型コロナウイルス感染症対策へのご理解・ご協力により、本市の新規感染者数は減少傾向にあります。皆様には、改めて感謝を申し上げます。

しかし、大阪府内の医療提供体制は継続してひっ迫していることから今月2日には緊急事態宣言が延長されました。市民・事業者の皆さまにおかれましては、生活や就労、健康などに対する不安を抱えている方も多くいらっしゃると思います。高槻市では、ホームページで各種支援や相談窓口を紹介していますので、一人で悩まず、まずはご相談ください。

濱田剛史

新型コロナウイルス関連支援情報

令和3年2月2日

毎月発行している広報誌「たかつきDAYS」は皆様のご自宅に届いていますでしょうか。最新の2月号では、市立小中学校での新型コロナウイルス感染症への対策について特集しています。

学校では、子どもたちが安心して学校生活を送れるよう毎朝の体温と体調を健康観察表に記入して担任に提出していただいているほか、教員が登下校時や給食の前後に手洗いするよう児童生徒に指導するなど「学校生活ガイドライン」に沿った感染症対策を行っています。

これらの取り組みは、保護者の方や教員の方の協力あってのものです。この場を借りて御礼申し上げます。

広報誌では、学校での感染症対策や学校生活の様子について様々な点からご紹介しています。ぜひご一読ください。

濱田剛史

たかつきDAYS(広報たかつき)令和3年2月号

令和3年1月26日

高槻市は、全市立小中学校の児童生徒に1人1台のタブレット端末の整備を2月末までに行うよう取り組んでいます。これは、国が掲げるGIGAスクール構想に基づいて取り組んでいるもので、全ての児童生徒に対する質の高い学びを実現させることを目的としています。

整備するタブレット端末には、ドリル等の学習支援ソフトを導入する予定で、新型コロナウイルス感染症による学校の臨時休校時などでもご家庭でオンライン学習が行えます。

また、ご家庭にWi-Fi環境がない児童生徒には、モバイルルータの貸出を実施し、全ての児童生徒がオンライン学習などを行える環境の整備を進めています。

濱田剛史

高槻市におけるGIGAスクール構想について

令和3年1月12日

高槻市では、本日1月12日から、薬局薬剤師に1人あたり3万円を給付する「新型コロナウイルス感染症対応薬局薬剤師支援金」の申請受付を開始しました。

この支援金は、緊急事態宣言下などにおいて、ご自身への感染リスクもある中、市民の健康な生活を確保するため、医薬品の調剤や服薬指導などに従事した薬局薬剤師の皆さんを労うことを目的として設立しました。

申請は、薬局ごとにお願いしています。薬局開設者の皆さまには、申請へのご協力をお願いいたします。

また、市民の皆さまにおかれましては、新型コロナウイルス感染症の治療等に従事される方の負担を少しでも低減できるよう、改めて感染予防の徹底をお願いいたします。

濱田剛史

令和2年12月16日

昨日、市議会本会議では、新型コロナウイルス感染症関連を含む補正予算が可決・成立しました。

主な内容としては、薬局薬剤師への支援金の給付や、小中学生の家庭におけるオンライン学習用Wi-Fi環境の整備、ひとり親世帯への臨時特別給付金、介護保険施設への入所前PCR検査の無料実施など幅広い支援を実施していきます。

現在、大阪府では、昨日15日までとしていた不要不急の外出の自粛について、29日まで延長することが決定され、感染予防への協力が呼びかけられています。新型コロナウイルスに感染する方は全国的に増加していますので、市民の皆さまにおかれましては、改めてスクラム高槻の合言葉の下、新型コロナ防衛アクションによる感染予防の徹底に、引き続きご理解とご協力をお願いいたします。

濱田剛史

新型コロナウイルス関連補正予算(第6弾)について

令和2年12月10日

今年も残り1カ月を切り、10月からスタートした「地元のお店応援券」の利用期間も12月31日までと、利用期限が迫ってきています。

この取り組みは、市民皆さんの家計を支援するだけではなく、市内店舗を応援するために行っています。購入額の2.5倍のお買い物ができる大変お得なものですので、ご購入がまだの方は、12月18日の販売期限までにご購入の上、市内のお店でご利用ください。

全国的に新型コロナウイルスに感染する方が増加していますが、市民、事業者、行政が一丸となって、「スクラム高槻」のスローガンのもと、感染症への予防と社会経済活動の回復・維持に取り組んでいきましょう。

濱田剛史

スクラム高槻「地元のお店応援券」(プレミアム付商品券)の発行について(準備中)

令和2年12月7日

大阪府は、感染される方が増加し、府内の医療提供体制が厳しい状況となっていることを踏まえ、12月15日までの期間、「できる限り、不要不急の外出を自粛する」よう呼び掛けています。市民の皆さまには、要請への協力をいただくとともに、体調不良が見られる場合には、早めの相談をお願いします。

本市では、今年8月から、高槻市医師会の全面的な協力の下、発熱など、新型コロナウイルスへの感染を疑う症状のある方を、市内に約250カ所ある相談可能な医療機関から、検査につなぐことのできる「地域外来・検査センター」という仕組みをスタートさせ、速やかに検査を実施できる充実した体制を構築しています。

このように本市では、新型コロナ感染症以外の疾病の治療も含め、すべての市民が、検査結果を踏まえ、安心して医療を受けられる体制を目指して取り組んでいます。体調不良が見られる場合には、まず、かかりつけ医などにお電話をしていただきますよう、お願いします。

濱田剛史

高槻市地域外来・検査センターについて(新型コロナウイルス関連)

令和2年12月4日

昨日行われた大阪府新型コロナウイルス対策本部会議において、感染拡大に対する警戒レベルを1段階引き上げ、本日12月4日から12月15日までの期間、「できる限り、不要不急の外出を自粛すること」を要請することなどが決定され、府民に対する呼び掛けが行われています。

市民の皆さまにおかれましては、不要不急の外出はお控えいただくとともに、体調不良の場合には、早めにかかりつけ医に相談をお願いします。また、改めて、「マスクの着用」「こまめな手洗い」「目、鼻、口を触らない」などの基本的な感染対策のほか、冬季の対策として「こまめな換気」を徹底するなど、一人一人ができる感染予防策を実践し、市民全体の感染リスクを低減する取り組み「新型コロナ防衛アクション」に、引き続きご協力いただきますようお願いします。

濱田剛史

まん延防止等重点措置を実施すべき区域における要請(4月5日~5月5日) 【4月15日内容更新】

新型コロナウイルスに関する受診相談

令和2年12月3日

全国的に新型コロナウイルスへの感染が拡大し、医療に従事する方々の負担が大きくなっていますが、報道等によると、医療従事者やそのご家族などに対する偏見等に関する事案が少なからず見られるとのことです。

本市には、医療機関が数多くあり、多くの医療従事者が、自分自身への感染リスクを抱えながら、治療や看護、感染予防に日々奮闘してくださっています。

感染が拡大傾向にある今、改めて、偏見等は厳に慎んでいただくようお願いいたします。そして、私たちの命を救う活動に携わってくださっている医療従事者を支えていく環境を、市民の皆さんとともに守ってまいりたいと思います。

濱田剛史

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について(お願い)

令和2年12月1日

子育て世帯応援券の利用がスタートしました。この応援券は、子育て世帯の家計を支援するとともに新型コロナウイルス感染症の影響を受けた市内の飲食店や小規模店舗を応援するため、中学生までの子ども1人につき5000円分の商品券を発行したもので、市内800店舗以上のさまざまなお店で使えます。年末年始で物入りなこのシーズン、ぜひお買い物などでご利用ください。

濱田剛史

「子育て世帯応援券」(商品券)の配布について

令和2年11月25日

全国的に、新型コロナウイルス感染症に感染する方が、増加しています。

大阪府では、感染拡大に対する警戒レベルを1段階引き上げて、「5人以上」「2時間以上」の宴会・飲み会を控えることや、重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のある方等の不要不急の外出を控えることなどが要請されています。

市民の皆さまには、改めまして、「マスクの着用」「こまめな手洗い」「目、鼻、口を触らない」のほか、「室内の換気」を徹底するなど、一人一人ができる感染予防を実践し、高齢者を始めとした市民全体の感染リスクを低減する取り組み「高齢者の命を守る!高槻市新型コロナ防衛アクション」に、引き続きご理解・ご協力をいただきますよう、お願いいたします。

濱田剛史

高齢者の命を守る!高槻市新型コロナ防衛アクション

令和2年11月24日

皆さま、マイナンバーカードはすでにお持ちでしょうか。

現在、同カードをお持ちの方を対象としたキャッシュレス決済に対する上限5000円分のポイントがもらえるキャンペーンが行われています。

さらに来年3月から、医療保険での新たなサービスとして、マイナンバーカードの健康保険証利用が開始されるなど、今後も同カードの利便性の向上が予定されています。

本市では、多くの方に同カードを容易に取得していただくために、駅前にある施設や商業施設など市内各所へ出張して申請受付を行っています。この出張受付は事前予約制にするなど、新型コロナウイルス感染拡大防止対策をとり、実施しています。

また、これから4月までの引っ越しシーズンでは、例年、市役所窓口が大変混雑します。「3密」を回避するためにも、コンビニエンスストアなど市役所窓口以外で各種申請書が発行できる同カードを、ぜひご申請ください。

濱田剛史

市内各所でマイナンバーカードの申請受付をします

外部サイトへマイナンバーカードの健康保険証利用(マイナポータル)

令和2年11月17日

新型コロナウイルスへの感染予防として、公共交通機関の利用を控えつつも、生活する上で、バスや電車の利用が必要な方も多くいらっしゃると思います。高槻市営バスでも、安心してバスをご利用いただけるよう、運行中に窓を開けて換気をしたり、車内の手すりやつり革を消毒したりするなど感染症対策を実施しています。乗車の際はお互いにマスク着用などの咳エチケットに気を付けていただき、どうぞ安心してご利用ください。

濱田剛史

外部サイトへ高槻市営バスの新型コロナウイルス対策について

令和2年11月13日

本市では、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い高齢者などを守る「新型コロナ防衛アクション」を策定し、感染予防に取り組んでおりますが、国内、大阪府内の感染者数は、再び増加傾向にあります。

これを受けて、国は、飲酒を伴う懇親会や大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話など感染リスクが高まる「5つの場面」を挙げて注意喚起を行っており、府は、「静かに飲食」「マスクの徹底」を要請しています。

これから年末年始を迎えるに当たり、飲食の機会が増え、気温が低い日が続いて暖房を使うことが多くなると思います。市民の皆さまには、マスクの着用や室内のこまめな換気などを徹底していただきますよう、引き続きご理解・ご協力をお願いいたします。

濱田剛史

まん延防止等重点措置を実施すべき区域における要請(4月5日~5月5日) 【4月15日内容更新】

令和2年11月10日

「地元のお店応援券」の利用開始から約1か月が経過しました。皆さま、ご利用いただいていますでしょうか。本市では、この「地元のお店応援券」とは別に、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた市内の飲食店や小規模店舗へのさらなる支援と、子どもがいる世帯への生活支援として「子育て世帯応援券」を対象者のいる世帯へ順次配布しています。対象者は、中学生までの子どもで、1人につき5000円分の商品券を簡易書留で郵送します。ご利用は12月1日からで、利用可能店舗は今後、ホームページ等でお知らせします。市域のお店の応援にもなりますので、ぜひご利用ください。

濱田剛史

「子育て世帯応援券」(商品券)の配布について

令和2年11月4日

令和2年10月8日に認可保育施設入園申込の事前全体説明会を新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策を徹底した上で開催しました。また、当日参加できなかった方や再度確認したい方に向けて動画を作成し、配布資料とともにホームページに掲載しています。

入園申込から選考までのスケジュールや希望園の検討方法など、入園前に知っておいていただきたい重要な内容となっています。ぜひ、ご覧いただき、ご家庭に適した保育施設をご検討ください。

濱田剛史

令和2年10月27日

高槻市では、新型コロナウイルス感染症の影響下にあっても、小中学生に対して、充実した学習環境を提供するため、学習支援アドバイザーを追加するなど市内小中学校で行っている再チャレンジ教室を拡充しています。この再チャレンジ教室では、地域の方や大学生に学習支援アドバイザーとして登録していただき、放課後に児童や生徒の宿題を見たり、授業中に問題のヒントを教えたりしていただくことで、学習環境の充実を図っています。引き続き、本事業へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

濱田剛史

再チャレンジ教室事業~子どもたちの自ら学ぶ力を育み、学ぶ意欲を向上させます~

令和2年10月20日

肌寒い季節となり、季節性インフルエンザの流行する時期が近づいています。本市では、高齢者のインフルエンザ予防接種を無料化し、新型コロナウイルス感染症との同時流行を防ぐ取り組みを行っていますが、市民の皆さまには改めて、こまめな手洗いやマスクの着用などの「咳エチケット」の徹底など、一人一人ができる感染症予防を徹底するようお願いいたします。

濱田剛史

高齢者の命を守る!高槻市新型コロナ防衛アクション

令和2年10月13日

10月1日からプレミアム率150%の「スクラム高槻“地元のお店応援券”」の利用が始まっています。この商品券は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた市内の飲食店や小規模店舗を応援するとともに、皆さまの家計を支援するために発行しているもので、市内1300店舗以上のお店で使うことができます。商品券は、各世帯に送付している引換券を郵便局や百貨店などの販売所に持参していただくと購入できます。いろいろなジャンルのお店で使えますので、ぜひ利用していただき、市内のお店をみんなで盛り上げていきましょう。

濱田剛史

スクラム高槻「地元のお店応援券」(プレミアム付商品券)の発行について(準備中)

令和2年10月6日

秋冬は季節性インフルエンザの流行期です。例年、高槻市では、高齢者のインフルエンザ予防接種について、費用の一部助成を行っておりましたが、今年は、費用の全額助成を行っています。これは新型コロナ防衛アクションの一環として行っているもので、季節性インフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行を防ぐことで、重症化リスクの高い高齢者などを感染から守るためのものです。対象者の皆さまへは、早めの接種をお願するとともに、重症化しやすい人に優先的にワクチンを接種してもらえるよう、接種時期へのご協力をよろしくお願いいたします。

濱田剛史

令和2年度高齢者(65歳以上)インフルエンザ定期予防接種事業【新型コロナウイルス関連市独自支援策】

令和2年9月29日

高槻市は、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクの高い高齢者などを感染から守る「新型コロナ防衛アクション」の一環として、老人福祉センターでスマートフォン体験講座を行います。スマホを使えると、直接会うことが難しくてもビデオ通話で顔を見ておしゃべりができたり、LINEやTwitterなどのSNSを利用して防災情報や新型コロナウイルス感染症の感染予防情報などを素早く受け取ることができます。10月3日から受付を開始しますので、ぜひお申し込みください。

濱田剛史

令和2年9月18日

昨日、市議会本会議において、新型コロナウイルス感染症関連を含む補正予算が可決されました。

今後、中学生までの子どもがいる世帯へ、子ども一人につき5000円分の商品券「子育て世帯応援券」の配布や、小中学生の学習指導の充実を図るため、学習支援アドバイザーを追加するなど「再チャレンジ教室事業の拡充」を行うほか、医療機関や公共交通事業者、商店街・小売市場、コミュニティ団体などへの支援を実施していきます。

市民の皆さまにおかれましては、スクラム高槻の合言葉の下、高槻のまちに活気を取り戻す取り組みと新型コロナ防衛アクションによる感染予防の徹底に、引き続きご理解・ご協力をお願いいたします。

濱田剛史

新型コロナウイルス関連補正予算(第5弾)について

令和2年9月15日

スクラム高槻“地元のお店応援券”の販売が昨日からスタートしています。この応援券は、新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げが減少した市内の飲食店や小売店などを応援するとともに、市民の皆さんの家計を応援するため、購入額の2.5倍の金額で買い物ができるお得な商品券です。購入には引換券が必要で、9月中に皆さんのご自宅に順次郵送されます。ご利用は10月1日からとなりますので、ぜひ商品券をご購入いただき、お買い物や外食・テイクアウトなどで、地元のお店の応援をお願いします。  

濱田剛史

令和2年9月8日

令和2年10月1日を基準日とする国勢調査が行われます。9月14日から国勢調査員が、各世帯を訪問し、調査書類が入った封筒を配布しますので、ご協力よろしくお願いいたします。なお今回は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、調査員は原則、インターホン越しで調査の説明をし、調査書類は郵便受け・ドアポストなどに入れて配布します。また、皆さまの負担軽減や利便性向上と新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、スマートフォンなどから、いつでもどこでも回答ができるインターネットでの回答を推奨しています。ぜひご活用ください。

濱田剛史

令和2年9月1日

9月は台風や大雨が発生しやすい季節です。市では、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、避難所での感染拡大防止の取組として、避難所担当職員の感染対策の徹底をはじめ、非接触型の体温計による受付時の検温や発熱者専用のスペースの確保などを行っています。市民の皆さまにおかれましては、避難所内の密集・密接を避けるため、事前にハザードマップを確認していただき、災害リスクが無い場合は、在宅避難や親戚・友人宅等への分散避難についても検討していただくとともに、避難時にはマスクの着用などの感染対策の徹底をお願いします。

濱田剛史

避難時における新型コロナウイルス感染症への対応について

令和2年8月25日

新型コロナウイルス感染症の流行による妊婦の不安を解消するため、分娩前のウイルス検査費用を20,000円まで助成しています。また、ウイルス検査により感染が確認され、健康面や育児などに不安を感じ支援を希望する妊産婦に対し、助産師等の専門職が、訪問や電話などで専門的なケアや育児に関する支援を行っています。一人で不安を抱え込まず、心配なことがあれば気軽にご相談ください。

濱田剛史

新型コロナウイルス感染症の流行下における妊産婦総合対策事業の実施について

令和2年8月18日

高槻市立小中学校では、新型コロナウイルスの影響で短くなった夏休みが昨日で終わり、本日から授業が始まりました。まだまだ暑い日が続く中での授業再開で、感染症対策と熱中症予防を両立させる必要がありますが、児童生徒のみなさんの学校生活が、より安全・安心なものとなるよう、本市では、登下校時に首元を冷やす「ネッククーラー」を全小学生に配布するなど、対策に注力しています。ご家庭でも、子ども達が健康な学校生活を送れるよう感染予防に引き続きご協力をお願いいたします。

濱田剛史

真夏の登下校に活用 市立小学校の児童にネッククーラー

令和2年8月13日

1人あたり10万円が給付される国の特別定額給付金について、本市では、8月12日時点で、約97.5%の157,699世帯への支給を終えていますが、申請期間は8月25日(火曜日)までとなっており、締め切りが近づいています。

本給付金は、「家計への支援」を目的に全国民を対象に創設されたものです。申請がまだの方は期限までにお手続きください。

濱田剛史

令和2年8月4日

新型コロナウイルスの影響により売り上げが減少した市内の飲食店や小売店を応援し、また、市民の皆さまの家計を支援しようと、市は独自にプレミアム率150%の商品券「スクラム高槻 地元のお店応援券」を発行します。現在、この商品券を使うことができる取扱店舗を募集しています。商品券を購入していただいた方々に幅広くご利用していただけるよう、また「市内のお店を応援したい」という市民の皆さんの気持ちにお応えいただき、多くのお店の売り上げ回復につなげていただけるよう、事業者の皆さまからの奮ってのご応募、お待ちしております。

濱田剛史

スクラム高槻「地元のお店応援券」(プレミアム付商品券)の発行について(準備中)

令和2年7月31日

新型コロナウイルス感染症の大阪府内及び本市の新規感染者数は、増加傾向にあり、大阪府からは「5人以上の宴会・飲み会は控える」などの感染予防の行動をとるよう、要請が出されています。

本市では、これまでも「新型コロナ防衛アクション」を策定し、「高齢者を守る」という意識を持ち、一人一人が「うつらない行動」「うつさない思いやり」による感染の予防を徹底する取組を進めてまいりましたが、引き続き、市民・事業者の皆さまには、感染症拡大防止へのご協力をいただきますよう、お願いいたします。

濱田剛史

まん延防止等重点措置を実施すべき区域における要請(4月5日~5月5日) 【4月15日内容更新】

令和2年7月28日

高槻市は、新型コロナウイルス感染症関連の支援策として市内に居住する60歳以上の方を対象に、スマートフォン講座の開催や市SNSの利用登録などの相談支援を行うほか、オンラインによる介護予防教室の実施等についても検討を進めています。これは、高齢者が今後、外出自粛時でも平時でも、変わらず人とのつながり・交流が持てる機会をつくること、市の様々な情報に即座に触れられる機会をつくることを目指して市内5か所の老人福祉センターで行うものです。今後、詳細が決まり次第、広報誌やホームページでお知らせしていきますので、奮ってご参加ください。

濱田剛史

高齢者ICT推進事業~インターネット環境などを高齢者の身近に~

令和2年7月21日

6月に行われた市議会定例会において、高齢者のインフルエンザ予防接種を無料化する補正予算が可決・成立しました。これは、「高槻市新型コロナ防衛アクション」に基づく取り組みで、インフルエンザの発症や重症化を予防することで、新型コロナウイルス感染症との同時流行を抑制し、高齢者の命を守るために行うものです。65歳以上の高齢者を対象とし、接種期間は令和2年10月1日から12月28日です。時期が近づきましたら改めて広報誌などでお知らせしますので、積極的な接種をお願いします。

濱田剛史

令和2年度高齢者(65歳以上)インフルエンザ定期予防接種事業【新型コロナウイルス関連市独自支援策】

令和2年7月14日

新型コロナウイルス感染症の府内新規感染者数が増加傾向になったことで、大阪府からは警戒の呼び掛けが行われ、特に若い世代のみなさんの行動に注意喚起がなされています。

本市では緊急事態宣言解除後すぐに「新型コロナ防衛アクション」を策定し、市民・事業者の皆さまと一丸となって、全世代での予防に取り組んでいるところですが、改めまして、3密を避ける、マスクの着用、こまめな手洗いなど、「うつらない行動」「うつさない思いやり」による感染予防の徹底をお願いいたします。

濱田剛史

高齢者の命を守る!高槻市新型コロナ防衛アクション

令和2年7月7日

高槻市では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、多くの皆さまから心温まる寄付をいただいております。また、自らの感染リスクと隣り合わせの状況で業務に従事する医療機関等を応援したいとのお声に応え、クラウドファンディングによる寄附窓口も開設したところ、本日時点で目標の200万円に対し、3,145,000円の支援をいただいています。この場を借りて改めて心より感謝を申し上げます。市では今後も感染予防の徹底と支援に全力で取り組んでまいりますので、引き続きのご理解、ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

濱田剛史

物資の寄附へのお礼(新型コロナウイルス関連)

令和2年6月30日

高槻市・高槻市観光協会・高槻商工会議所の3者からなるオープンたかつき運営会議では、新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げが落ち込んでいる飲食店を応援し、地域を盛り上げようと、食事などに使えるお得なチケットを販売する企画「オープンたかつきグルメ応援フェア」を明日7月1日から実施します。このフェアでは、額面1000円分のチケットを500円で購入していただけます。詳しくはオープンたかつきのホームページをご覧いただき、市内のグルメをお楽しみいただければと思います。

濱田剛史

【一部中止】体験交流型観光プログラム「オープンたかつき」

令和2年6月10日

明日から、令和2年6月市議会定例会が始まります。今議会にも新型コロナウイルス感染症対応関連の予算を提出しますが、市独自の取組としては、新たに、帰国者・接触者外来を設置する市内医療機関に対する1医療機関300万の支給や登園自粛による民間保育所・認定こども園などの延長保育料の返金などについて、ご審議いただく予定です。引き続き、市民の皆さまの健康・生活を守るため、国、府、関係機関と連携を図り、適切かつ迅速に対応してまいりますので、ご理解・ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

濱田剛史

市議会への提出案件(6月11日提出分)

令和2年5月28日

高槻市では、LINEの公式アカウントを開設し、試行運用を開始します。これまで市では、災害時にホームページや防災行政無線、Twitterなどのツールを通じて、市民の皆さまへ災害時の情報をお伝えしてきましたが、今回新たに「LINE」を追加します。

災害時の警報の発令や避難所の開設などの緊急情報、防災訓練の情報などのほか新型コロナウイルス感染症関連の支援施策などについてもお知らせします。ぜひ、高槻市公式LINEアカウントの友だち追加をお願いします。

濱田剛史

令和2年5月26日

日に日に夏の暑さを感じるようになりました。緊急事態宣言が全国的に解除され、少しずつではありますが経済活動が再開し、外出する人も増えると思います。そこで、気を付けていただきたいのが、熱中症です。外出自粛で、身体が暑さ慣れをしておらず、またマスクの着用により普段よりも体に熱がこもりやすい状態です。屋内外を問わず、のどの渇きを感じなくても、こまめな水分補給や適度な塩分の摂取など、体調管理に注意しましょう。

濱田剛史

令和2年5月22日

重症化のリスクが高い高齢者への感染を防ぐため、「高齢者の命を守る! 高槻市新型コロナ防衛アクション」をスタートします。

大阪府に発令されていた緊急事態宣言が解除されましたが、依然として第2波、第3波が発生する恐れは続いています。社会経済活動を再開していくにあたっては、高齢者など重症化リスクの高い方の命を守るために私たち一人ひとりが感染予防の意識を持って行動することが必要です。

同アクションでは、マスク着用などの「うつらない行動」、毎日の健康観察などの「うつさない思いやり」、「“オール高槻”で実践」の3つを取組のテーマとして実施します。

休館・休業・利用制限等を行っていた本市の施設についても、順次利用を再開しますが、再開にあたっては、午前中を高齢者優先時間帯とするなど、感染予防策を実施しますのでご協力をお願いします。

濱田剛史

高齢者の命を守る!高槻市新型コロナ防衛アクション

令和2年5月20日

本日開催された市議会臨時会において、中小企業へ10万円を給付する事業者応援給付金や障がい者手当受給者へ2万円を支給する特別支援給付金、高校生などがいる世帯を対象に高槻産のお米10キログラムを送付する取組など、市民・事業者の皆さまを対象とした新型コロナウイルス感染症に関する追加の支援施策が可決・成立しました。詳細については、今後、市ホームページや広報誌でお知らせしていきます。今後も市民・事業者の皆さまが、これらの支援策を速やかにご利用いただけるよう、取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

濱田剛史

新型コロナウイルス関連補正予算(第3弾)について

令和2年5月14日

広報誌「たかつきDAYS」臨時号の全戸配布が始まりました。臨時号では、5月1日の市議会臨時会において、可決・成立した新型コロナウイルス感染症に関する生活支援施策の概要を紹介しています。市独自の取り組みとしては、中小企業に20万円を支給する中小企業等支援給付金や事業融資資金信用保証料の事業者負担分相当額を助成する信用保証料補助金、ひとり親家庭の対象児童1人につき2万円を支給する給付金などを紹介しています。今後とも市民・事業者の皆様が、これらの支援策を速やかにご利用いただけるよう、取り組んでまいります。

濱田剛史

たかつきDAYS(広報たかつき)令和2年5月臨時号

令和2年5月12日

緊急事態宣言の延長にともない、市立小中学校は月末まで臨時休業となっています。高槻市教育委員会では、新型コロナウイルスによる臨時休業期間中の学習支援として学習プリントの解説動画の配信を行っています。動画では、学習プリントを1問1問解答していき、正解に辿り着くまでのポイントを解説しています。教育センターホームページで見ることができますので、お子さんの学習習慣の定着にご活用ください。

濱田剛史

外部サイトへ教育センターホームページ(はにたん まなびのひろば)

令和2年5月5日

新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が5月31日まで延長され、大阪府知事による緊急事態措置も同じく5月31日まで延長されました。このことを受け本市でも本日5月5日に新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、市立小中学校の臨時休業や公共施設の休館、市主催イベント等の中止・延期等の措置を5月31日まで行うこととしました。

4月7日の緊急事態宣言の発令からおよそ1か月が経過する中、更なる自粛要請の延長で、生活への不安等を抱えていらっしゃる方も多いと思います。市としましても、国・府の支援策に加え、ひとり親家庭への児童1人あたり2万円の給付金や中小事業者への20万円の給付金、水道料金基本料金の4か月間の半額減免など、独自の支援策を用意しました。

今後も皆様の生活に寄り添い、感染拡大防止と生活支援に全力で努めてまいりますので、引き続き、感染拡大防止にご理解とご協力をお願いします。

濱田剛史

新型コロナウイルス関連補正予算(第2弾)について

令和2年4月30日

非常事態宣言により、外出自粛が要請され、ご家庭で食事をされる機会が多くなっていると思います。市内の飲食店では、ご家庭でも名店のグルメを味わってもらおうと、次々とテイクアウトサービスのメニューを充実させています。市内飲食店の応援と、ご家庭の家事負担を少しでも減らすため、ご活用していただくのはいかがでしょうか?

濱田剛史

市内のテイクアウトできる飲食店まとめ

令和2年4月28日

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、外出自粛や休業等の要請が行われている状況を踏まえ、高槻市では、市民や事業者の皆様の生活への不安を軽減するための支援を行うこととしました。具体的な内容としましては、市独自の取組として、水道料金の基本料金を4か月間半額にする、児童扶養手当を受給するひとり親世帯等に対象児童一人につき2万円の支援金を給付する、セーフティネット保証等の融資を受けた事業者に20万円の給付金を支給するとともに借入を行った事業者には信用保証料を助成することなどを予定しています。

加えて、雇用環境の悪化により職を失ったり内定を取り消されたりした方を市職員として雇用することも予定しており、これらの支援策については、準備が整い次第、市ホームページ等でお知らせします。

併せて、国が国民1人当たり一律10万円を給付する特別定額給付金(仮称)及び大阪府と本市が共同で実施する休業要請支援金などについても、速やかに市民の皆様にご利用いただけるよう準備を進めてまいります。また、今般の状況を鑑みまして、私を含め副市長など7名の特別職の職員の給与等を今年度末まで10%減額し、既に行財政改革のために行っていた10%の減額と合わせて、20%の減額とすることとしました。

今後も皆様の生活に寄り添い、感染拡大防止と生活支援に全力で努めてまいります。市民の皆様には、不要不急の外出はお控えいただき、できる限りご自宅でお過ごしいただくなど、感染拡大防止にご理解とご協力をお願いします。

濱田剛史

市長手話メッセージ(新型コロナウイルス関連)

令和2年4月23日

外出をお控えいただいている期間が長くなり、運動不足の状態が続くと、心身の機能が低下することが懸念されます。日々の健康を維持するためにも、体を動かすことは大切です。

高槻市では、「高槻もてもて筋力アップ体操」をホームページで公開しています。私も実際にやってみましたが、足腰の筋肉に適度な負担がかかり「もっとてがるに、もっとてがたく」筋力アップできるものとなっていました。ぜひ、ご自宅での運動不足解消にご活用ください。

濱田剛史

手軽に手堅く体力向上!「高槻もてもて筋力アップ体操」(愛称:もてきん 体操)

令和2年4月21日

新型コロナウイルス感染予防の一環として、学校・施設などでは休業・休館・利用制限などを行っていますが、社会インフラである市営バスは、換気のため窓を開ける等対策をして通常通り運行しています。

通院や食料の買い出しなど生活に必要な外出であっても、できる限り身近な場所で済ませるようにしていただくとともに、市営バスご利用の際には、「手洗い」や「咳エチケット」などの感染症対策をお願いします。

濱田剛史

外部サイトへ高槻市営バスホームページ

令和2年4月16日

市役所窓口への来庁は、やむを得ない外出である場合が多いでしょう。現在、市役所窓口での業務は、換気や待合スペースの密集緩和などの感染予防に努めたうえで、原則として、通常通り実施しています。

また、郵送申請や電子申請をご利用いただいたり、お近くの支所やコンビニ交付サービスをご利用いただくと、外出の時間が短くなります。さらに、市役所窓口の混雑緩和にもつながりますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

濱田剛史

郵送や電子申請を活用ください(新型コロナウイルス関連)

令和2年4月14日

大阪府は、国による緊急事態宣言を受けて行っていた「外出自粛の要請」と「イベントの開催自粛の要請」という緊急事態措置だけでは、国の「基本的対処方針」で示されている「最低7割、極力8割程度の接触機会の低減を目指す」という目標の達成が困難な状況であり、今後、オーバーシュート(感染爆発)の危険性があると判断し、本日14日から、新たに「施設の使用制限の要請」等(いわゆる「休業要請」)を行うこととしました。

市民の皆様には、これまでも、イベント等の中止・延期や小中学校の臨時休業、公共施設等の休館の取り組みにご協力をいただき、また、外出の自粛にも積極的なご協力をいただいてまいりましたが、現下の状況に鑑み、改めまして、一人一人が自らの行動を見つめ、生活に必要な場合を除いて外出を控えるなど、感染を拡大させない行動をとっていただきますよう、お願いいたします。

濱田 剛史

令和2年4月9日

緊急事態宣言が発出され、外出自粛要請が出されています。市民の皆さんには、生活の維持に必要な場合を除き、不要不急の外出を控えていただくとともに、食料品のお買い物などをされる際は、身近な場所で行っていただくようお願いいたします。また、健康維持のための、ジョギングや散歩は、心身の機能を維持するためにも大切です。人ごみを避け、複数人で集わないようお願いします。

濱田 剛史

外部サイトへ「3 日々の健康を維持するために」(厚生労働省ホームページ)

その他の市長メッセージ(新型コロナウイルス関連)

市長ビデオメッセージ(緊急事態宣言について)(4月9日収録)

市長メッセージ(緊急事態宣言について)(4月8日掲載)

市長メッセージ(小中学校の臨時休業とイベントの中止等を再度延長)(4月3日掲載)

市長メッセージ(新型コロナウイルス対策本部の設置)(3月27日掲載)

市長メッセージ(市主催イベントの中止や延期、市立各施設の休館を延期)(3月23日掲載)

市長メッセージ(市内での新型コロナウイルス感染者の確認)(3月6日掲載)

関連リンク

新型コロナウイルス感染症関連情報(トップページ)

ページの先頭へもどる