現在の位置

市長Letter

市長レタートップ画像

【令和3年10月21日掲載】

緊急事態宣言が解除されてから3週間が経ちました。宣言解除後も引き続き感染予防に取り組んでいただいていることもあり、本市では新規感染確認数が継続して減少傾向にあります。改めて、ご協力に感謝申し上げます。

さて、新しい生活様式では、外出時にはマスクを着用することが、実践例の一つとして挙げられていて、本市におきましても施設の利用者やイベントの参加者にはマスクの着用をお願いしているところです。一方で、障がいや病気などの事情によってマスクをしたくても着用が困難な方や、相手がマスクをしていると口元や表情が見えずコミュニケーションが取れない方もおられます。

マスクを着けていない方を見かけた時は、一度「事情があるかもしれない」と考えてみてください。厳しい視線や言葉によってつらい思いをすることがないようご理解いただき、その方に寄り添った対応を心がけていただきますよう、お願いいたします。

濱田剛史

マスクを着けるのが難しい人へのご理解をお願いします

市長メッセージ(新型コロナウイルス関連)バックナンバー

プロフィール

氏名

濱田 剛史(はまだ たけし)

経歴

昭和39年10月30日生まれ
昭和62年3月、大阪経済法科大学法学部卒業
平成5年、司法試験に合格
平成8年から東京地検等で、少年犯罪、贈収賄事件などを担当
平成14年、大阪地方検察庁検事退官、弁護士に
平成21年4月から平成23年3月まで市公正職務審査会委員
平成23年5月から高槻市長に就任(現在3期目)

趣味

ギター演奏、登山、ジョギング

ページの先頭へもどる