産後ケア宿泊型事業

令和3年2月1日から開始

「出産と育児の疲れから体調がよくない」「出産後自宅に帰っても手伝ってくれる人がいない」「子育てに不安がある」など、産後の体調回復や育児に心配のあるお母さんと赤ちゃんをサポートするため、産後ケア宿泊型事業を開始しています。

内容

市が委託した医療機関などに宿泊して、助産師などから以下のケアを受けることができます。

  • お母さんの休養、体調管理、こころのケア
  • 赤ちゃんのお風呂やスキンケア
  • 授乳のアドバイス
  • これからの子育てについての相談  など

 

利用できる人

高槻市に住民票があり、以下のすべてに該当する産後4か月未満のお母さんとその赤ちゃん。

  • 産後の心身の不調がある
  • 育児に不安がある
  • 家族等から十分な家事および育児等の支援が得られない

※申請・利用時点で高槻市民であること

※医療行為の必要な人、感染症にかかっている人または、その可能性のある人は利用できません

利用時間と利用料

利用時間

  • 原則午前10時~翌日午後5時
  • 1泊2日4食付き、あわせて7日まで

利用料

世帯区分 1泊2日の利用料(税込) 以後、1日ごとに加算
市民税課税世帯

5,500円

(多胎児加算)  700円

2,750円

350円

市民税非課税世帯・生活保護世帯

2,200円

(多胎児加算)   0円

1,100円

0円

※利用時間を短縮されても利用料は変わりません。

※利用料は、利用施設に直接お支払いください。

※利用施設までの交通費は自己負担になります。

※利用日の前々日の午後5時までに利用施設に連絡がなくキャンセルや変更された場合は、キャンセル料(利用料と同額)が発生します。

※令和3年4月1日に利用料を改正しました。

 

利用可能施設

名称 住所
高槻病院 高槻市古曽部町1-3-13
大阪医科薬科大学病院 高槻市大学町2-7
あかり助産院 高槻市宮田町3-1-19-1
ひなたぼっこ助産院 高槻市大冠町2-23-3
川村産婦人科医院 高槻市松が丘1-1-1
田中病院 茨木市東奈良3-16-31

※施設の混み具合によって、ご希望に添えない場合があります。

※医療機関等の空きベッドを活用して事業を実施しているため、感染症拡大等の場合は施設の調整が困難になります。ご希望に添えない場合もありますのでご了承ください。

利用方法

  • 事前に申請が必要です。(原則窓口申請のみ)
  • 妊娠中からの申請は妊娠32週以降です。
  • 妊娠中に申請された場合は産後に利用決定をしますので、出産後に必ず状況報告の連絡をお願いします。連絡がない場合は利用できません。
  • 利用には審査があり、審査に期間を要しますので予めご了承ください。
  • まずは、子ども保健課へお電話でお問合せください。利用要件の確認や必要書類などについてご説明します。

 

以下にパンフレットを掲載していますのでご覧ください。

高槻市産後ケア宿泊型事業のご案内(表)(PDF:888.2KB)

高槻市産後ケア宿泊型事業のご案内(裏)(PDF:531KB)

お問い合わせ先
高槻市 子ども未来部 子ども保健課
(子ども保健センター) 
〒569-0096 高槻市八丁畷町12-5(高槻子ども未来館2階)
電話番号:072-648-3272
ファクス番号:072-648-3274
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

PC版で見る