キャッシュカードが狙われる特殊詐欺が多発しています!

 

【令和2年8月18日更新】

最近、市内で警察官や金融機関等になりすまして、キャッシュカードをすり替える手口が多発しています。

「キャッシュカードを預かる」などと怪しい言葉をかけられたら、ためらわず、すぐに、高槻警察署(072-672-1234)に通報するか、消費生活センター(072-682-0999)にご連絡ください。

これが流行の手口です!

  1. 犯人が警察署員等になりすまして、被害者宅に電話をします
  2. 「あなたのキャッシュカードが使われています」「詐欺の犯人を捕まえたら、あなたのキャッシュカードを持っていた」と言って不安をあおります

  3. 「キャッシュカードの不正利用を防ぐため、手続きをするので、これから金融庁(その他金融機関等)の職員を自宅に向かわせる」と安心させることを言います

  4. 数分後、実際に金融庁(その他金融機関等)の職員を名乗る者が訪問し、暗証番号を聞き出し、キャッシュカードをだまし取っていきます

 

その後、だまし取ったキャッシュカードを使って、ATMで現金が引き出されてしまいます。

キャッシュカード1枚につき、上限50万円まで引き出すことができるため、高額な被害が多く出ています。

 

被害を防ぐポイント

  • キャッシュカードは絶対に他人に渡さない
  • 暗証番号は絶対に他人に教えない
  • 突然のお金の話は信じない
  • 「今すぐ」とせかされても、あわてない
  • 怪しい電話はすぐに切る

 

ご活用ください

安まちメール(大阪府警配信)

安まちメールとは、特殊詐欺等情報や、ひったくり、子どもに対する声かけ、重大事件などの「犯罪発生情報」とそれの被害防止するための「防犯対策情報」を警察署からリアルタイムにお知らせする情報提供サービスです。

受信時間、知りたい情報の種別、知りたい地域を自由に設定できますので、ぜひご活用ください。

安まちメールとは(大阪府警察ホームページ)

安まちメール登録(大阪府警察ホームページ)

 

お問い合わせ先
高槻市 市民生活環境部 市民生活相談課 消費生活センター
住所:高槻市紺屋町1-2(クロスパル高槻2階) 地図  
電話番号:072-682-0999
ファクス番号:072-683-5616
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

PC版で見る