いわゆるAV出演強要及び「JKビジネス」問題等に関する相談窓口について

いわゆるアダルトビデオ(以下、AV)出演強要問題や「JKビジネス」とよばれる営業により、児童が性的な被害に遭う問題などが発生しており、若年層の女性に対する性的な暴力に係る問題は深刻な状況にあります。
 
特に年度当初の4月は、進学、就職等に伴い若者の生活環境が大きく変わる時期であり、こうした被害に遭うリスクが高まることも予想されます。
 
そのため、内閣府では、毎年4月を「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」と位置づけ、本問題の被害事例等を掲載し、注意を喚起するサイトを設けています。

また、近年ではSNS、薬物(レイプドラック)、飲酒等による性的な暴力が起こっています。相手が抵抗できない状態で、性交やわいせつ行為を行うことは、性別を問わず刑法の処罰の対象となり得ます。

被害にあった場合は以下サイトより相談窓口を確認し、連絡してください。

外部サイトへいわゆるAV出演強要及び「JKビジネス」等被害防止啓発サイト

お問い合わせ先
高槻市 市民生活環境部 人権・男女共同参画課
高槻市役所 本館 5階
電話番号:072-674-7575
ファクス番号:072-674-7577
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

PC版で見る