住民票などに旧姓(旧氏)が併記できます

住民票、マイナンバーカード等への旧姓併記についてのご案内

令和元年11月5日から住民票やマイナンバーカード、印鑑証明等に旧姓(旧氏)が併記できるようになります。これにより、婚姻等で姓に変更があった場合でも、従来称してきた姓が住民票、印鑑証明に記載されるほか、マイナンバーカード等にも記載され、証明することができるようになります。

旧姓併記の請求は住民登録している市区町村で可能です。住民登録していない本籍地等では請求できませんのでご注意ください。

旧姓併記はこんなときに役立ちます!

就職・転職時など、仕事の場面でも旧姓で本人確認ができます。また、各種契約や銀行口座の名義に旧姓が使われる場面で、その証明に使えるといったメリットがあります。

請求方法など

旧姓併記の請求

詳しくは総務省による旧姓併記のご案内及び総務省のホームページをご確認ください。

住民票とマイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できます!(PDF:918.4KB)

旧姓(旧氏)を併記するためには、どうしたらいいの?(PDF:439.8KB)

外部サイトへ住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について(総務省)

お問い合わせ先
高槻市 市民生活環境部 市民課 住民記録チーム
高槻市役所 本館1階 4番窓口
電話番号:072-674-7064
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

PC版で見る