高槻東部地域水路整備構想

本市には、主要な用排水路が約116キロメートルあります。古くは水田への農業用水の供給として使用されてきましたが、都市化の進んだ現在では、降雨時の雨水排除の役割や災害時の防火用水、非常用の水源など多様な機能を持っています。
これらの水路は、一時期は家庭雑排水の放流などにより『どぶ川』と呼ばれ、嫌われてきましたが、現在では公共下水道の普及などにより水質も向上しています。

平成17年度には、高槻市東部土地改良区が管理する水路の整備に関する構想を、改良区、大阪府、高槻市で策定しました。

 

「たかつきクールアイランド」

各都市で問題となっているヒートアイランド現象。水路のせせらぎと緑地帯が、集中する熱源(建物、交通)からの発熱を和らげ、「たかつきクールアイランド」をつくりだします。

「安全なまちをつくる」

水路沿いの歩道・自転車道を通って、駅へ、バス停へ、学校へ、お店へ。高槻に住む人々は、いつも安全な道をとおって目的地へ向かいます。また、防火用水・延焼防止、避難路といった防災用空間としても活用します。

「美しい中核市をつくる」

木々が水面を覆う落ち着いた景観。水路沿いに連続的な緑空間を創出し、中核市にふさわしい都市景観をつくります。高槻に住む人々は、常に水と緑を感じながら生活します。

「感性豊かな人材を育む」

水路ビオトープでは、身近な自然とのふれあい、環境学習の場を提供し、感性豊な人材を育成します。また、水路沿いの植栽スペースは、地域住民がプロデュース・管理し、高齢者をはじめ地域の人々のふれあいの場となります。

「循環型社会をつくる」

下水を高度処理して、再びまちを潤すせせらぎに戻します。また、水路整備に木材をふんだんに使い、CO2の固定化をはかり、地球環境へつながる取り組みで、循環型社会をつくります。

「文化のかおるまちをつくる」

水路沿いの空間を利用して、かつて水田地帯であった頃の農業文化に関する展示や、市民の芸術発表の場をもうけ、豊な文化のかおるまちをつくります。

主な取り組み

高槻東部地域水路検討委員会

市民の皆さんにより親しんでもらい、水路の持つ多様な機能を今以上に発揮できるような水路整備を目指し、兵庫県立人と自然の博物館の中瀬館長を委員長として、大阪府、高槻市、高槻市東部土地改良区で「高槻東部地域水路検討委員会」を組織し、検討を重ねています。
 

外部サイトへ兵庫県立人と自然の博物館

用排水施設等整備事業

東部排水路では、老朽化した水路の機能確保や都市の貴重な水辺空間への配慮、地域用水としての活用などを考慮した水路整備が進められています。

 事業主体 : 大阪府

 事業期間 : 平成21年度 ~ 令和8年度

 事業内容 : 水路整備工 L=3,300mほか

 

≪水路工事施工前≫

施工前

≪施工状況≫

施工状況

≪工事完了≫

工事完了

お問い合わせ先
高槻市 都市創造部 下水河川企画課
高槻市役所 本館7階
電話番号:072-674-7432
ファクス番号:072-675-3252
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

PC版で見る