国有財産の里道・水路等が市の財産となりました

里道・水路等の写真

平成12年4月1日に「地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律」が施行され、「国有財産特別措置法」の改正により、地方分権の推進が図られました。そのため、国の財産であった、里道・水路等(いわゆる「法定外公共物」)で、道路法、河川法等の適用若しくは準用のされない公共物が、平成17年3月末で市に譲与されました。

今までは、生活に密着していた里道・水路等が国の財産でありましたが、機能管理については市において行ってきました。里道・水路等が平成17年4月1日からは市の財産となったため、財産管理・機能管理とも市の事務として行うことになりました。

これにともない、大阪府で事務を行ってきた占用等の許可事務、境界確定事務、公用廃止等の事務も高槻市で行うことになり、市民の利便性が図れることになりました。

特定公共物管理条例が制定されました

里道・水路等の写真

高槻市では、国有財産特別措置法により譲与を受けた里道・水路等と道路法や河川法の適用や準用のない市管理地道路及び市所有水路を「特定公共物」と定義し、適正な利用と機能管理を行うため、「高槻市特定公共物管理条例」(平成16年12月21日条例第25号)を制定し、平成17年4月1日から施行いたしました。

この条例の目的は、特定公共物の管理に関する事項を定め、適正な利用を図り、公共の福祉の増進に資することを目的としています。

主な内容は、特定公共物の保全や機能を損なう行為の禁止規定、機能を損なわないと認められる場合や公益上の理由で認められる占用許可等の規定、占用料の規定や、条例に違反にした場合の罰則等について定めています。

「高槻市特定公共物管理条例」(平成16年12月21日条例第25号)(PDF:98.6KB)

申請手続きの変更等について

里道・水路等の写真

里道・水路等の譲与に伴い、大阪府の茨木土木事務所で受付を行っていました、里道・水路等の占用許可・境界確定(明示)、公用廃止等の各手続きの窓口は高槻市になり、平成17年4月1日からは、高槻市において受付を行っています。

なお、国道、府道、河川等に関するこれらの手続きは、従前と同じ扱いとなりますのでご注意ください。

お問い合わせ先
高槻市 都市創造部 管理課
高槻市役所 本館5階
電話番号:072-674-7532
ファクス番号:072-674-3125
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

PC版で見る