高額医療・高額介護合算制度(概要)

詳しくは、下記の「高額医療・高額介護合算制度とは(内容)」のページをご参照ください。 

高額医療・高額介護合算制度とは(内容)

世帯内で後期高齢者医療制度・介護保険の両方に自己負担がある場合で、自己負担額の合計が高額になったときは、両方の自己負担額の合算額について自己負担限度額(毎年8月~翌年7月までの年額)が適用されます。

後期高齢者医療制度+介護保険の自己負担限度額(年額)所得区分別

現役並み所得者

67万円

一般

56万円

低所得2

31万円

低所得1

19万円

注釈:合算は、同じ健康保険の同じ世帯でないとできません。後期高齢者医療制度の場合は、同じ住民票の後期高齢者医療制度の被保険者だけが合算の対象となります。

注釈:後期高齢者医療制度・介護保険の両方に自己負担がある場合のみ申請ができます。
どちらかのみで限度額を超えている場合は、申請はできません。

注釈:低所得1で介護サービス利用者が複数いる世帯の場合は、介護支給分については、低所得2の自己負担限度額31万円が適用されます。

注釈:該当することが分かった方については、毎年1月ころに広域連合からお知らせをいたします。

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 国民健康保険課 医療助成チーム
高槻市役所 本館1階 12番窓口
電話番号:072-674-7178
ファクス番号:072-674-7779
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

PC版で見る