高齢運転者標識のデザイン変更について

道路交通法施行規則改正について

道路交通法施行規則の一部が改正され、平成23年2月1日より高齢運転者標識の様式が下記のとおり新しいデザインに変更となりました。なお、変更後も当分の間は変更前の高齢者マークを使用することが出来ます。

変更前の高齢運転者標識

変更後の高齢運転者標識

高齢運転者標識について

道路交通法で、自動車免許を持つ70歳以上の人は、加齢に伴って生ずる身体機能の低下が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがあるときには、自動車の前面と後面の両方に高齢運転者標識を付けて運転するように努めなければならないと定められています。高齢運転者標識を付けた自動車に、危険な場合ややむを得ない場合を除いて幅寄せや割込みをすると処罰の対象となります。

周囲の自動車の運転者は高齢運転者標識を付けて運転している自動車が安全に通行できるよう配慮しましょう。また、高齢運転者は自分のためにも周りの人のためにも、高齢運転者標識を付けて安全運転に努めましょう。 

お問い合わせ先
高槻市 都市創造部 管理課
高槻市役所 本館5階
電話番号:072-674-7532
ファクス番号:072-674-3125
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

PC版で見る