高血圧について

血圧とは

血液が血管の中を通るとき、血管にかかる圧力のことを血圧といいます。

心臓は、ポンプのように毎分60~70回ぐらい、血液を血管へと押し出しています。心臓が収縮して血液を押し出した瞬間は、血管にいちばん強く圧力がかかります。これが収縮期血圧(最高血圧)です。そして、収縮した後に心臓がひろがる(拡張する)ときには、圧力がいちばん低くなります。これが拡張期血圧(最低血圧)です。

たとえば、水道のホースに水を流すとき、水を多くすれば、ホースはぴんと張りつめた状態になります。これが、高い水圧がホースにかかっている状態です。また、どこかでホースを押さえつけて通りにくくすれば、水の量は少なくても、そこからうしろのホースはやはり張りつめた状態になります。

これと同じように、血圧も、心臓が送り出す血液の量(心拍出量)と、それを流す血管の通りづらさ(末梢血管の抵抗)とで決まります。

高血圧がもたらす病気

収縮期血圧140mmHgかつ/または拡張期血圧が90mmHg以上の場合が高血圧です。

血管を流れる血液の圧力が高くなると、つねに血管に刺激がかかって、動脈(酸素を届ける血管)が傷みやすくなるのが、大きな問題です。さらに血管の傷みが進むと、血管が詰まったり、破れたりします。高血圧は自覚症状がほとんどないままに、長年かかってひそかに血管を傷めていき、脳卒中や心筋梗塞、慢性腎臓病など重大な病気を引き起こす原因になるところが怖いのです。脳卒中や心疾患はどちらも、大きな発作が起こると命に関わることがあるおそろしい病気です。そのため、高血圧は「サイレントキラー」とも呼ばれます。

 

脳卒中

脳の血管が破れる脳出血と脳の血管が詰まる脳梗塞があります。日本は世界の中でも脳卒中が多い国です。回復後も麻痺が残ることが多く、要介護の原因の第一位でもあります。

心筋梗塞

心臓の血管が詰まり、血液が届かずに心臓の筋肉が死んでしまう病気です

慢性腎臓病

尿の異常や腎機能の低下が慢性的に持続する病気です。最初は無症状のため気づかないことも多いのですが、進行してしまうと人工透析や腎移植にいたる場合もあります。

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 保健所 健康づくり推進課
住所:〒569-0052 高槻市城東町5-1 地図
電話番号:072-674-8800
ファクス番号:072-674-1551
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

PC版で見る