【海外渡航用】新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)について

海外の渡航先への入国時に、相手国等が防疫措置の緩和等を判断する上で活用されるよう、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を接種者からの申請に基づき交付します。

この接種証明書は、海外渡航の際に必要な方へ交付するものです。それ以外の方が接種の記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」又は「接種記録書」をご利用ください。

接種済証(一般の方)(PDF:93KB)

接種記録書(医療従事者等)(PDF:36.8KB)

 

ご注意

医療従事者等の方で、高槻市が発行する接種済証が必要な方に対しては、申請により、証明書を発行します。

また、医療従事者等以外の方が「新型コロナワクチン接種済証(臨時)」を紛失した場合においても、申請により、証明書を発行します。

いずれの場合も、本市に住民票がある方のみが対象となります。

詳細については、以下のリンクをご確認ください。

【国内用】新型コロナワクチン接種済証明書について

申請受付開始日

令和3年7月26日(月曜日)から

対象者

接種証明書は、当分の間、以下の3条件のいずれにも当てはまる方を対象に発行します。

(1)予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(高槻市の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けた方

(2)海外へ渡航する際、本証明書を必要とする方

(3)接種日時点、高槻市に住民登録していた方


したがって、次のような方は対象になりません。
 

  • 海外渡航時の利用を目的としない方(当分の間)
  • 国外等で接種を受けた方(予防接種法に基づかない接種を受けた方)

※外務省による海外在留邦人の一時帰国者を対象とした事業で接種を受けた方への証明書については、外務省までお問合せください。

証明書の記載内容

接種証明書には、接種者に関する事項(氏名、生年月日等)及び新型コロナウイルス感染症のワクチン接種記録(ワクチンの種類、接種年月日等)に加え、海外渡航時に利用できるよう、旅券番号等を記載することとしており、これらの情報を日本語と英語で表記します。また、偽造防止対策を行っています。

外字(パソコンでの表示が難しい文字)が含まれている方は代用文字での表記とさせていただきます。

接種証明書様式(PDF:491.8KB)

申請に必要な書類

提出書類

(1)新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書

(2)海外渡航時に有効なパスポートの写し(身分事項記載ページ及び有効期限が確認できるもの) ※1

(3)接種券のうち「予診のみ」部分の写し ※2

(4)一般の方:接種済証の写し 医療従事者等:接種記録書の写し ※3

(5)住所の記載された本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証など)

(6)返信用封筒(必要料金分の切手を貼付してください)

  •  定型普通郵便の場合、84円切手を貼付してください(郵送費は本人負担)
  •  宛先、宛名をご記入ください。

 

場合によって必要な書類

(7)旧姓・別姓・別名の確認書類の写し(旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合のみ)

 旧姓併記のされたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票の写し、当該別名・別姓の記載のある外国の旅券など

(代理人が申請する場合)

(8)委任状

(9)代理人の本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証など)

 

※1 接種証明書に記載されるパスポート番号と海外渡航に使用するパスポートの番号が一致する必要があります。接種証明書を取得した後にパスポート番号が変わった場合には、接種証明書を改めて取得する必要があります。旅券発給申請中の方は、パスポートが交付された後に接種証明を申請してください。また、外国籍の方等、外国政府の発行する旅券でも申請は可能です。

※2 (3)がない場合、原則としてマイナンバーが確認できる書類(マイナンバーが記載された住民票の写し等)が必要です。マイナンバーが確認できる書類が提示できない場合は、接種を受けた時の住所が記載された本人確認書類でもかまいません。
「予診のみ」部分とは、以下の部分を指します。

接種済証(PDF:93KB)

 ※3 (4)を紛失した場合は、予診票(医療機関控え)の写しでもかまいません。

書類様式

申請書

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(WORD:18.4KB)

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(PDF:163.9KB)

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(記入例)(PDF:169.9KB)

委任状

委任状(PDF:66.7KB)

委任状(記入例)(PDF:107.6KB)

申請方法

郵送申請

上記の申請書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、返信用封筒及び必要書類とともに郵送にてご提出下さい。(郵送料は自己負担)

手数料は無料です。

※申請書をいただいてから接種証明書の発行まで1週間程度要する場合があります。

※証明書の発行には接種記録を確認する必要があるため、接種事実を確認する書類がない場合には、数か月かかる場合があります。

※書類に不備等があった場合に、申請者等へ連絡をする場合があります。必ず連絡先(普段利用する携帯番号等)を記載してください。

 

郵送先

郵便番号:569-0067

住所:高槻市桃園町2番1号

宛先:高槻市健康福祉部新型コロナウイルスワクチン接種対策チーム

   ワクチンパスポート係

再発行について

一度発行を受けた接種証明書を紛失等された場合、旅券(パスポート)の記載事項に変更がなく、引き続き有効期限内である場合は、証明書の再発行を受けることができます。

 

提出書類

(1)新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書

(2)海外渡航時に有効なパスポートの写し(身分事項記載ページ及び有効期限が確認できるもの)

(3)住所の記載された本人確認書類の写し(運転免許証、保険証など)

(4)返信用封筒

  •  定型封筒であれば84円を貼付してください(郵送費は本人負担)
  •  宛先、宛名をご記入ください。

ご注意ください

  • ワクチンを接種する、しないは個人の判断であり、接種証明書の発行により、ワクチン接種を強制するものではありません。
  • 接種証明書を所持していないことをもって、海外への渡航ができなくなるものではありません。
  • この接種証明書を所持することにより、あらゆる国や地域と防疫措置が緩和された状態で往来が可能となるものではありません。いずれの国や地域への渡航時に活用できるかについては、最新の状況を外務省のホームページにおいて随時公表される予定です。

外部サイトへ外務省 海外安全ホームページ

  • 現時点では、接種証明書を持っていることによって日本への入国時の防疫措置が緩和されることはありません。日本の入国時の防疫措置については、「水際対策に係る新たな措置について」のページでご確認ください。

外部サイトへ水際対策に係る新たな措置について(厚生労働省)

問い合わせ

必要な書類など、手続きに関するお問い合わせ

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)専用ダイヤル

電話番号:072-674-7540

受付日時:午前9時~午後5時(土曜日・日曜日・祝日を除く)

 

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書の制度全般に関するお問い合わせ

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0120-761-770(フリーダイアル)

受付日時:午前9時~午後9時(土曜日・日曜日・祝日も実施)

関連リンク

新型コロナウイルス感染症ワクチン(トップページ)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

PC版で見る