歯周病予防のポイント

歯が長くなったように感じたら歯周病を疑おう

鏡を毎日確認しよう!

鏡をのぞいたとき、歯が伸びた気がするということはありませんか。

それは歯周病が原因かもしれません。

歯肉は細菌に感染すると炎症を繰り返しながら痩せていきます。その結果、本来歯肉で覆われていた歯の根元が露出し「歯が長くなった」ように感じるのです。

 

お口の衰えは全身の衰えにもつながります

歯周病をはじめ、このようなお口の衰え(オーラルフレイル)は高齢期から加速します。ほかにも「かみにくい」「むせやすい」「口が渇く」といった症状も起こりやすくなります。

これらを放置すると全身の衰えにつながるリスクが2.4倍も高くなるという結果も出ています。

 

お口の健康を維持するポイントは

 

お口の体操

お口の健康を維持するためには、「ていねいな歯磨きで歯周病を予防し、「お口の体操」でお口まわりを鍛えることが大切です。

 

歯みがき

歯磨きはゆったりお風呂に浸かりながら、お口の体操は食事の前にするとより効果的です。

 

 

 

詳しく知りたい人は長寿介護課までお問い合わせください。

 

 

高槻市のオリジナル体操「高槻ますます元気体操」にもお口の体操があります。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

 

ますます元気体操

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 長寿介護課
高槻市役所 本館1階 7・8番窓口
電話番号:072-674-7166
ファクス番号:072-674-7183
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

PC版で見る