介護保険サービス利用者負担の軽減(高額介護サービス費)

利用者負担が高額になったとき

高額介護サービス費

同じ月に利用したサービスの利用者負担の合計額(同じ世帯内に複数のサービス利用者がいる場合にはその利用者負担の合計額)が、下の表の負担上限額を超えたときは、超えた分が「高額介護サービス費」として支給されます。

高額介護サービス費の支給対象となったときは、市から案内通知と申請書を送りますので、市へ申請をしてください。一度申請されると、それ以降の申請は不要となります。

※特定福祉用具購入費、住宅改修費、食費、居住費、1か月の利用限度額を超えたサービス利用額は対象となりません。

 

高額介護予防サービス費相当事業

介護予防・日常生活支援総合事業を利用されている場合、高額介護サービス費の調整後に、同じ月に利用したサービスの利用者負担の合計額(同じ世帯内に複数のサービス利用者がいる場合にはその利用者負担の合計額)が、下の表の負担上限額を超えたときは、超えた分が「高額介護予防サービス費相当事業」として支給されます。

高額介護予防サービス費相当事業の負担上限額や申請方法等は、高額介護サービス費と同様ですが、高額介護サービス費の支給を申請済みでも、高額介護予防サービス費相当事業の支給を受けるには、新たに申請が必要となります。

高額介護予防サービス費相当事業の支給対象となったときも、市から案内通知と申請書を送りますので、市へ申請をしてください。一度申請されると、それ以降の申請は不要となります。

 

高額介護サービス費・高額介護予防サービス費相当事業 利用者負担上限額

 
利用者負担段階区分

負担上限額      

現役並み所得者に相当する第1号被保険者(65歳以上の方)がいる世帯の方

44,400円(世帯)

上記以外の市民税課税世帯の方

44,400円(世帯)

世帯全員が市民税非課税の方

合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超える方 24,600円(世帯)
  • 老齢福祉年金受給者
  • 合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方

15,000円(個人)

24,600円(世帯)

生活保護受給者

15,000円

※現役並み所得者とは、課税所得145万円以上の方です。

 

 

介護保険高額介護等サービス費支給申請書(兼請求書)【説明のみ】

 

 

 

高額介護サービス費受領委任払い制度

大阪府内の介護保険施設(特別養護老人ホーム(地域密着型含む)・介護老人保健施設・介護療養型医療施設)に入所される方は、高額介護サービス費の受け取りを施設に委任することにより、負担上限額のみを施設に支払う、高額介護サービス費受領委任払制度を利用できます。

詳しくは、入所先の施設もしくは長寿介護課へお問い合わせください。

介護保険高額介護等サービス費受領委任払承認申請書兼支給申請書

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 長寿介護課
高槻市役所 本館1階 7・8番窓口
電話番号:072-674-7166
ファクス番号:072-674-7183
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

PC版で見る