現在の位置

チケットは公式サイトから購入しましょう!

事例

事例1

  • フリマサイトで高額で購入したチケットの公演が中止になったが、払戻しの手続きは正規で購入した人しかできなかった。

事例2

  • ワールドカップのチケットを取ろうとインターネットで検索した。一番上に出たサイトにアクセスすると、見たい試合の残席がわずかと表示されていたため、少し高いとは思ったが、急いで申し込んだ。後ほど調べたところ、購入したサイトは転売サイトだった上に、公式ホームページにその転売サイトで購入したチケットは無効だと書かれていた。解約したい。

 

コンサートや演劇、スポーツなどのチケットが高額で転売され、本当に欲しい人が入手しづらいということが問題になっています。この一因は、人気のチケットを転売目的で大量に購入して、オークションなどの転売サイトで売って儲けようとする業者や個人の存在です。消費者が仕方なく高いチケットを購入しても主催者等には何の利益もありません。そこで、令和元年6月に一定の条件のチケットを対象にした通称「チケット不正転売禁止法」がスタートします。今後はチケットの不正転売や、不正転売を目的にチケットを譲り受けることは違反になり、処罰の対象となります。

 

注意点

チケットを購入するとき

正規のルートで買いましょう。

正規のルートでない場合、払戻しが出来なかったり、チケットが無効になり入場できなかったりする場合もあります。また、事例のように、検索結果の一番上に出てくるサイトが公式サイトとは限らないため、よく確かめましょう。

 

チケットが不要になったとき

興行主から許可を得た正規の転売サイトを利用しましょう。

フリマサイトやオークションを利用してチケットを転売する場合は、転売が禁止されていないかを確認し、転売可能であったとしても額面以上の額で出品しないようにしましょう。

 

2019年はラグビーワールドカップ、2020年は東京オリンピック・パラリンピックもあります。違法な高額転売をなくし、正規の価格で楽しめるように消費者も正しくチケットを購入しましょう。

お問い合わせ先
高槻市 市民生活部 市民生活相談課 消費生活センター
住所:高槻市紺屋町1-2(クロスパル高槻2階) 地図  
電話番号:072-682-0999
FAX番号:072-683-5616
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる