現在の位置

高齢者を狙った「特殊詐欺」に注意しましょう

高齢者を狙った「特殊詐欺」に注意しましょう

高槻市内では、還付金詐欺やオレオレ詐欺など、高齢者を狙った特殊詐欺の被害が後を絶ちません。

「特殊詐欺」とは、被害者に電話をかけるなどして対面することなく、現金等をだまし取る犯罪をいいます。

平成28年1月から12月までの高槻警察署管内の特殊詐欺被害件数は74件、被害額は約2億5千万円となり、昨年を大きく上回りました。(平成27年は、56件、約2億円。)

「返ってきます」は還付金詐欺

高槻市内で被害件数が最も多いのが還付金詐欺です。

還付金詐欺とは、市役所など公的機関の職員になりすまし、「医療費を払いすぎているから返金する」などと偽り、携帯電話を使って金融機関等のATMを操作させ、口座に現金を振り込ませる手口をいいます。

 

  • 「医療費の払戻しがあり、期限は今日までとなっています。」と電話が。
  • キャッシュカードと携帯電話を持って、急いでATMへ行くよう言われる。
  • 自宅近くのATMへ行き、電話で言われるままに振り込みボタンを押して数字を入力し、犯人の口座に振り込んでしまった。

 

医療費の還付をATMで行うことは絶対にありません。だまされないようにしてください。

 

高齢者に対する詐欺の被害防止は、みんなが主役!

身内の名前をかたるオレオレ詐欺、架空請求、還付金のお知らせ、必ずもうかる投資話など、高齢者に対する詐欺は被害が増え続けています。手口はますます巧妙化し、一人で防ぐのは困難です。

 

【高齢者】お金の話がでたら、すぐ誰かに相談しましょう。

【家族や友人・地域の方】頻繁に連絡を取ったり、声かけをしたりしましょう。

 

問合先・・・消費生活センター(072-683-0999)

お問い合わせ先
高槻市 市民生活部 市民生活相談課 消費生活センター
住所:高槻市紺屋町1-2(クロスパル高槻2階) 地図  
電話番号:072-682-0999
FAX番号:072-683-5616
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただく場合があります。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる