現在の位置

協働推進のパートナーとしてさらに期待が高まる「市民公益活動サポートセンター管理運営委員会」

【平成28年4月20日掲載】

協働プラザと西大冠小学校内施設の写真

みなさん、こんにちは。市民生活部長の田中です。

お花見の季節も終わり、吹く風が暖かく感じられる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、市内には、地域の課題解決に向けて活発に活動されているNPOやボランティア団体が数多くあります。

そのNPOやボランティア団体と行政をつなぐ中間支援を行っているのが、「高槻市市民公益活動サポートセンター管理運営委員会」です。

同委員会は、活動拠点施設として高槻市市民公益活動サポートセンター「協働プラザ(グリーンプラザ3号館内)」と「西大冠小学校内施設」を運営し、NPOやボランティア団体が行う市民公益活動の促進を図っておられます。

また、「たかつきNPO協働フェスタ」や「NPOと行政 協働のためのテーマ別交流会」などの催しを本市と協働で開催するなど、行政との協働推進のパートナーとしても取り組んでおられます。

今回は、今年行われた同委員会のその他の取組についてご紹介します。

NPO、行政が同じ場で協働の大切さを実感!!「高槻まちづくり塾」

高槻まちづくり塾の様子の写真

ボランティア活動や市民公益活動への参加のきっかけづくりを主な目的として、平成13年度から同委員会と市が共催で「高槻まちづくり塾」を開催しています。平成27年度は、2月17日と18日に、「行政とNPOの協働によるまちづくり」というテーマで、市民と市職員が共に学ぶ企画を実施しました。

1日目の講義編、2日目のワークショップ編それぞれに、市民、市職員合わせて約80名が参加し、ワークショップ編では、市民と市職員が混在した12のグループでグループワークを行いました。

高槻まちづくり塾の様子の写真2

開始直後は、お互いにやや緊張の面持ちでしたが、趣向を凝らした自己紹介などで、徐々に場がやわらぐと、会場の雰囲気が一気に変わりました。

その後、地域課題についてそれぞれのグループが、「ボランティア養成」「地域の居場所づくり」などといったテーマを設定し、市民と市職員が課題解決に向けて議論を交わしました。

参加された市民の方からは「行政とNPOの関わりで、まちが良い方向に変わっていくことができると感じた」などという感想や、市職員からは、「単独で行うと限界があるが、一緒に行うとワンランク上の発想で取り組める」などといった感想が多数聞かれました。

今回のグループワークでは、市民と市職員がお互いの強みを出し合い、そして理解し合い、各グループの課題テーマに対して、どのように役割を果たせるかを議論し合うことで、協働の大切さを実感できたことが収穫だったと思います。

急速な少子高齢化の進展などの厳しい社会情勢に対応するために、今後も、このような取組を通じ、真の協働が実現できる環境づくりを行ってまいります。

NPO・ボランティア団体の若手リーダーが熱い思いを濱田市長に語る!!

交流会の写真

3月18日には、同委員会が仲介となり、市民公益活動団体の若手リーダーと濱田市長が語り合う交流会が、昨年に引き続き開催されました。

参加者は、日常の活動内容について、市長に “聞いてほしい”、“伝えたい” 、“自慢したい”ことや、“高槻をどのようなまちにしたいか”などを熱心に語られ、濱田市長も若手リーダー達の熱い思いに身を乗り出して聞き入っていました。また、参加者同士の貴重な交流の場ともなり、有意義な会となりました。

私も交流会に参加させていただき、若いリーダーの熱意をひしひしと感じましたが、なにより、皆さんは非常にパワフル!ぜひともこのような方々に、市内のNPO・ボランティア活動の先頭に立っていただき、共に、協働のまちづくりを進めていきたいと思いました。

 

今後のサポートセンターの役割に期待!!

協働プラザマスコットキャラクターたっすんの写真

同委員会は、 登録団体間の交流を支援し、また、登録団体の活動に関する情報を発信するなど、団体間および団体と市民をつなぐ役割を持ち、スタートされました。ここ数年は市と協働で地域貢献に取り組むNPO法人などの事業を対象に上限10万円を助成する「協働プラザ 市民と行政との協働応援事業」を主催されるなど、「団体と行政をつなぐ」役割としても、NPOやボランティア団体と行政との協働の実現に向けて、全力で取り組んでおられます。

今後は、さらに、協働の推進を加速させていくために、同委員会には、登録団体の強みを適時把握していただき、即座に協働相手をコーディネートする役割を担っていただきたいと考えております。

これからも、協働推進のパートナーとして同委員会への期待が高まるとともに、本市としましても、「みらい・創生」に向け、益々厳しくなる行財政運営を乗り切るために、連携して協働の推進に取り組んでまいります。

 

NPO・ボランティア団体の市民公益活動にご興味のある方は、高槻市市民公益活動サポートセンター「協働プラザ」(詳細 下記リンク)をご利用ください。

 

外部サイトへ市民公益活動サポートセンター(協働プラザ)

こちら部長室バックナンバー

こちら部長室

プロフィール
田中 之彦
田中 之彦
1959年(昭和34年)高槻市生まれ。2015年(平成27年)8月から現職。
趣味は家庭菜園と温泉めぐり。

ページの先頭へもどる