現在の位置

水道祭を開催しました

水道部では、日々の取り組みを紹介し、水道事業への理解と関心を高めて頂けるよう、水道週間に合わせて令和元年6月1日(土曜日)に安満遺跡公園で水道祭を開催しました。

今年も3,000人もの方々にご来場いただき、水道について楽しみながら学んでいただきました。

 

 ~当日の様子を報告いたします!~

 

オープニング

当日はお天気にも恵まれ、高槻市立冠中学校The Crown Jazz Orchestra Takatsukiによる演奏で華やかなオープニングになりました。

 

高槻市水道事業管理者による挨拶

オープニング演奏

高槻市立冠中学校 The Crown Jazz Orchestra Takatsukiによる演奏

きき水コーナー、タイムイベント「あてもん」

「きき水コーナー」では水道水とミネラルウォーター2種類の飲み比べを行い、800人以上の方に参加いただきました。飲み比べの結果、水道水は国産のミネラルウォーターに次いで「おいしい」という結果がでました。

また、きき水コーナーと隣接する場所で、「タイムイベント「あてもん」」も行いました。

「あてもん」では水道水を使って2回戦の勝ち抜きゲームを行いました。

 

タイムイベント1回戦:3種類の水から水道水をあてるゲーム。

タイムイベント2回戦:水道水の塩素消毒の効果はどのようにしたらなくなるのか。

 

きき水の様子

水道水とミネラルウォーターを飲み比べる来場者。

タイムイベントあてもんの様子

タイムイベント「あてもん」の1回戦で、自分の選んだ水が「水道水」かを試薬を使って確認する来場者。

あなたもりっぱな配管工・漏水修繕コーナー

「あなたもりっぱな配管工」では普段、目にすることが少ない実物の水道管をつなぎ合わせて遊んでいただきました。このコーナーでは2種類のコースを準備しました。一つはボードに空いている穴に自由に水道管を繋げてもらう、「ちびっこコース」。もう一つは同じ番号どうしの穴を水道管で繋げる「チャレンジコース」。どちらも、どうやって水道管を繋げようか、考えながら取り組んでいただきました。

「漏水修繕コーナー」では水道管から漏水している状態を疑似的につくりだし、噴き出している水を専用の道具を用いて止めていただきました。

あなたもりっぱな配管工に取り組む来場者

あなたもりっぱな配管工のチャレンジコースでボードに空いている同じ番号の穴に水道管をつなぎ合わそうと取り組む様子。

漏水修繕コーナーに参加する来場者

漏水修繕コーナーで修繕を行う来場者。

応急給水体験

災害に備えて安満遺跡公園に整備された耐震性貯水槽を用い、応急給水体験を行いました。

このコーナーでは耐震性貯水槽に災害時に、実際に使用する道具をつなぎ水道水を汲んでいただいたり、汲んだ水を目的地まで運搬するなど、楽しみながら、災害時に飲料水を運搬する難しさなどを感じていただけるようなコーナーを行いました。

応急給水体験を行う来場者

クイズラリー

会場内の4か所に水道にまつわるクイズを出題しました。来場者はそれぞれのコーナーをまわり、問題について考えていました。

クイズラリーの様子

その他

すいぞうくん缶バッジづくり

すいぞうくん缶バッジづくり

水道管水鉄砲の様子

水道管水鉄砲

クロスワード 防災マスターを目指そう の様子

クロスワード 「防災マスターを目指そう!」

ビニール袋でカッパを作ろう

ビニール袋でカッパを作ろう

スーパーボールすくいの様子

スーパーボールすくい

バルーントリックの様子

バルーントリック

協力団体

一般社団法人日本ダクタイル鉄管協会、大阪府高槻警察署、関西大学学生団体KUMC、高槻市上下水道工事業協同組合、高槻市水道労働組合、高槻市立冠中学校The Crown Jazz Orchestra Takatsuki、第一環境株式会社

お問い合わせ先
高槻市 水道部 総務企画課
〒569-0067
大阪府高槻市桃園町4番15号 地図
電話番号:072-674-7952
ファクス番号:072-674-7949
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる