現在の位置

事業の概要

新名神高速道路の計画について

新名神高速道路(「新名神」)は、愛知県名古屋市~兵庫県神戸市を結ぶ約175キロメートルの国土開発幹線自動車道として計画されたもので、沿道は愛知県~三重県~滋賀県~京都府~大阪府~兵庫県の6府県にまたがる自動車道です。

現在の名神高速道路は、西日本と東日本を繋ぐ唯一の大動脈ですが、交通量の増加による渋滞や、冬季の降雪による影響、さらには、周辺の道路ネットワークの完成により多量の交通が流入してくることにより、本来の高速性や定時制が低下しています。

このような状況を踏まえ、新名神は名神高速道路や中国自動車道の慢性的な渋滞の解消による関西の道路ネットワークの利便性や信頼性の向上、また、中部圏との連携強化による経済の活性化や沿線産業、観光施設の連携による沿道地域の発展、さらに、阪神・淡路大震災のような災害時の緊急輸送ネットワークの確保等、大きな整備効果が期待されています。

2008年2月23日には、亀山ジャンクションから草津田上インターチェンジまでの区間(延長49.7キロメートル)が開通したことにより、愛知県名古屋市(名港中央インターチェンジ)から草津田上インターチェンジを経由して、名神高速道路と交差する草津ジャンクションまでがつながりました。

詳細は、西日本高速道路株式会社のホームページをごらんください。

外部サイトへ西日本高速道路株式会社トップページ

外部サイトへ新名神高速道路の特設サイト

お問い合わせ先
高槻市 都市創造部 新名神推進課
高槻市役所 本館7階
電話番号:072-674-7538
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる