現在の位置

生活困窮者自立支援制度

 この制度では、生活保護に至る前の段階の生活困窮者に対し、自立相談支援等を実施することで、「自立の促進」を図ることを目的にしています。

生活や仕事に不安を抱えておられる方は、ご相談下さい。

 相談支援員が一緒に課題を整理し、就労支援等、相談内容に応じた解決を図るお手伝いをします。

(相談例)
[事例1]
「今は自分の給与と母の年金で生活をしているが、最近、母に認知症の症状があり、介護に手がとられるようになってきた。このままでは、仕事を続けられなくなってしまう。また、同居の20代の息子は仕事に就いたことがなく、息子の将来についても心配している。周りに話せる人もいないので、相談に乗って欲しい。」
[事例2]
「非正規社員としてある程度の収入を得ているが、過去の借金返済で生活が苦しい。どうしたらいいのかが分からず悩むことが多く、何もする気が起きないことがある。そのせいで、仕事でのミスが多くなり、相談できる人もおらず、眠れない日々が続いている。」

支援の流れ

  1. 生活状況をお聞きして、課題を整理します。
  2. 課題解決に向けて、支援プランを作成します。
  3. プランに沿って関係機関と連携を取りながら支援します。

ご利用条件

 市内在住の生活に困窮されている方(生活保護受給中の方を除く)

費用

 無料

相談時間

 8時45分~12時、12時45分~17時15分

受付窓口

 市役所総合センター8階 生活福祉支援課(自立支援相談担当)

この件に関するお問い合わせ

電話番号 072-674-7767

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 福祉事務所 生活福祉支援課
高槻市役所 本館1階
電話番号:072-674-7175
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる