現在の位置

退職者医療制度

退職者医療制度とは

退職者医療制度は、平成27年3月末で新規加入者に対しての適用を終了しました。

退職者医療制度は、会社などを退職し、年金生活に入られた人を主な対象とする制度です。医療の必要性が高まる退職後に、職場の健康保険から国民健康保険に移ることによって、国民健康保険の医療費負担は増大することになります。この医療保険制度間の格差を是正するため、退職被保険者本人とその被扶養者の給付費(被保険者の負担金以外の医療費)は、一般の被保険者とは別に、会社などの健康保険からの拠出金により賄われています。保険料の計算方法・病院などの窓口で支払う自己負担割合は一般の被保険者と同じですが、退職者医療制度が適正に適用されないと、国民健康保険が負担する医療費の増大を招き、保険料負担の増加につながります。制度に該当する人は国民健康保険課から通知させていただきます。

対象となる方

国民健康保険に加入している65歳未満の方で、次のいずれかに該当する方は、退職被保険者になります。

  1. 退職被保険者本人
    被用者年金(厚生年金・共済年金など)の老齢年金を受給しており、被保険者期間が合算して20年以上、または40歳以降で10年以上ある人。
    なお、国民年金のみを受給されている人は、この制度の対象とはなりません。
  2. 被扶養者(ご家族)
    退職被保険者本人と同一の世帯に属し、主として退職被保険者本人の収入で生計をたてており、年間収入が130万円(60歳以上の人:180万円)未満の人。

ただし、退職被保険者本人が65歳になったとき、死亡したとき、社会保険に加入したなどの場合は、被扶養者もこの制度の適用を受けられなくなります。

平成27年4月以降に、60歳になる方(誕生日が昭和30年4月2日以降の方)は、対象となりません。また、誕生日が昭和30年4月1日以前の方であっても、平成27年4月以降に年金受給権が発生する方は対象となりませんのでご留意ください。

保険証と保険料

  • 「一般用」と「退職者用」は保険証が異なります。
    退職者医療制度の対象となる人は、「退職被保険者証」を交付します。(保険証の右上に「退」の表示あり)
  • 保険料の計算方法は一般の被保険者と同じです。

自己負担の割合

受診するときに病院などの窓口で支払う自己負担割合は、一般の被保険者と同じです。

お問い合わせ先

国民健康保険課資格賦課チーム(電話:072-674-7075)
窓口:関連リンク「市役所本館1階」の「7-1」

本館1階

関連リンク

本館1階

給付(国民健康保険)

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 国民健康保険課
高槻市役所 本館1階
電話番号:072-674-7072
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる