現在の位置

国民健康保険料の納付

国民健康保険の加入者(被保険者)は、保険料を納めなければなりません。国民健康保険は、加入者の皆さんで保険料を出し合い、病気やケガをしたときの医療費にあてるということを目的に運営されています。もし、保険料を納めない人がいると、他の被保険者との公平性を欠くばかりか、国民健康保険制度そのものが成り立たなくなってしまいます。健康を守り、医療を保障する国民健康保険を維持していくために、保険料は必ず納期限までにお納めください。

保険料の納め方

普通徴収(納付書払い・口座振替)

納付書払いと各期の納期限

特別徴収以外の方で口座振替の申込みをしていない場合、4月と8月にそれぞれ「納付書」を送付します。年間保険料を計12回に分けて納めていただきます。
各納期までに、金融機関等(納付書裏面・通知書に記載)でご入金をお願いします。

平成29年度

暫定保険料の納期限
納期 納期限
第1期4月 29年5月1日
第2期5月 29年5月31日
第3期6月 29年6月30日
第4期7月 29年7月31日
本算定保険料の納期限
納期 納期限
第5期8月 29年8月31日
第6期9月 29年10月2日
第7期10月 29年10月31日
第8期11月 29年11月30日
第9期12月 30年1月4日
第10期1月 30年1月31日
第11期2月 30年2月28日
第12期3月 30年4月2日

 

口座振替(自動払込)の開始手続き

納期ごとに金融機関に行く手間がいらず納め忘れの心配がありませんので、保険料の納付には、口座振替制度を是非ご利用下さい。高槻市内の金融機関、ゆうちょ銀行または高槻市役所7-2窓口等で「口座振替納付依頼書」を設置しております。下記のものをご持参の上、お手続きをして下さい。

手続きに必要なもの

  • 口座番号などが分かるもの
  • 銀行届出印
  • 納入通知書
 
ご注意
  • 口座振替を開始しますと、解約または納付義務者の変更がない限り次年度以降も同様に振替が継続されます。
  • 預(貯)金通帳や口座名義を変更するときは、必ず再度「口座振替納付依頼書」を金融機関等に提出してください。
  • 口座振替の開始は、お申し込み手続き完了後にお届けする「口座振替開始通知書」でご確認ください。また、開始される月の前月分までは納付書にて納付していただきますようお願いします。
  • 国民健康保険で口座振替をお申し込みされても、自動的に介護保険(65歳以上の方)、後期高齢者医療保険(75歳以上の方)は口座振替されません。

 

 

特別徴収(年金天引き)

以下の5つの基準を全て満たす世帯が特別徴収の対象となります。

一、世帯主が国民健康保険に加入している(世帯主が75歳になる年度は対象外です)

二、加入者全員が65歳から74歳まで

三、世帯主の基礎年金受給額(※)が年額18万円以上

四、年金を担保に融資等を受けていない

五、世帯主の基礎年金受給額(※)が、その月に特別徴収される国民健康保険料と介護保険料の合計額の2倍以上

※基礎年金が無い方は、受給されている年金額

 

上記全てに該当する場合でも、口座振替をご利用いただける場合は、申し出により特別徴収を停止することができます。徴収チームでご相談ください。

特別徴収の方法は、年6回の年金支払い月に保険料を年金受給額から差し引きます。差し引いた保険料は年金保険者から市町村に払い込みされます。徴収額は支払月で仮徴収と本徴収に区分されます。

仮徴収の間は前年度2月の天引き額と同額をそれぞれ4月・6月・8月に、本徴収は年間保険料から仮徴収部分を差し引いた額を10月・12月・2月に分けて納めます。

※老齢福祉年金、寡婦年金、恩給は特別徴収対象外です。

※年度内に保険料の変更、または世帯内で加入・喪失等の届出があった場合、特別徴収から普通徴収に変更になる場合があります。
 

本徴収(10月)から特別徴収に変更になる場合は、9月分まで、納付書払い及び口座振替で納付します。納付書払いの方は本算定通知に8月9月分の納付書を添付していますので、払い忘れないようにご注意ください。また、口座振替の方は8月9月分のみ振替されます。

 

納入済額通知書について

毎年1月1日から12月31日の間に実際に納入された保険料の合計額を納入済額通知書でお知らせします。

発送は対象年の翌年の1月下旬を予定しています。

記載されている納入済額は、所得税確定申告等の社会保険料控除にご利用いただけます。

 

お問い合わせ先

国民健康保険課徴収チーム(電話:072-674-7076)
窓口:関連リンク「市役所本館1階」の「7-2」

本館1階

保険料の払い忘れにご注意ください!

保険料を滞納すると

保険料を滞納すると、督促状や催告書が送付され、延滞金が課される場合があります。

通常より有効期限が短い被保険者証が交付されます。

資格証明書について

保険料を1年以上滞納したことについて、特別な事情が認められない場合、通常の被保険者証に替えて「資格証明書」が交付されます。

これは、医療費を一旦全額自己負担しなければならないもので、後日申請により患者負担分を除いた額を払い戻すものです。

滞納処分について

保険料を滞納し続けていると、滞納処分を受けることがあります。滞納処分を受けると、所有している財産を失うだけでなく、社会的信用も失ってしまうことになりかねません。

 

保険料の納付が困難な場合はそのまま放置せず、できるだけ早期の納付相談をお願いします。

 

お問い合わせ先

国民健康保険課徴収チーム(電話:072-674-7076)
窓口:関連リンク「市役所本館1階」の「7-2」

本館1階

関連リンク

本館1階

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 国民健康保険課
高槻市役所 本館1階
電話番号:072-674-7072
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる