現在の位置

医療費が高額になったとき

1か月(暦月)の医療費が高額になったとき(自己負担限度額を超えて支払った場合)は、申請をすると、自己負担限度額を超えた分が、高額療養費として払い戻されます。
入院の場合は、病院で支払う窓口負担は世帯単位の限度額までとなりますので、その金額以上支払うことはありません。
なお、低所得2・1の方は「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、申請をして下さい。

 
「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付申請に必要なもの
 被保険者証
 印かん

注釈:高額療養費の申請は、一度申請されますと、登録されている口座情報が変更にならない限り、再度の申請は必要ありません。
注釈:高額療養費の計算には、入院時の食事代や、保険診療外の差額ベッド代などは含みません。

高額療養費自己負担限度額(所得区分別)

現役並み所得者

負担割合…3割

自己負担限度額(月額)
外来(個人単位)…44,400円  外来+入院(世帯単位)…80,100円+1パーセント(注1)、(44,400円)(注2)

注釈1:「+1パーセント」は医療費が267,000円を超えた場合、超過額の1パーセントを追加負担。
注釈2:( )内の金額は、高額療養費に該当した月から直近1年間の間に、(世帯単位)での高額療養費に年4回該当した場合の、4回目以降の額。 

一般

負担割合…1割

自己負担限度額(月額)
外来(個人単位)…12,000円  外来+入院(世帯単位)…44,400円

低所得2

負担割合…1割

自己負担限度額(月額)
外来(個人単位)…8,000円  外来+入院(世帯単位)…24,600円

低所得1

負担割合…1割

自己負担限度額(月額)
外来(個人単位)…8,000円  外来+入院(世帯単位)…15,000円

高額療養費の計算の仕方

まず、被保険者それぞれの外来の自己負担額の計が「外来」(個人単位)の限度額を上回った額が、「外来」(個人単位)の高額療養費として支給されます。

「外来」(個人単位)の高額療養費の支給後、なお残った自己負担額と、入院の自己負担額を、世帯で合計します。

その、世帯の自己負担額が「外来+入院」(世帯単位)の限度額を上回った額が「外来+入院」(世帯単位)の高額療養費として支給されます。

高額療養費の計算は1ヶ月(暦月)ごとです。

75歳の年齢到達月の特例

平成21年1月より、月の途中に75歳となられた方の場合、その誕生日月については、特例として、後期高齢者医療制度における自己負担限度額が、通常月の2分の1(半額)になります。
(それまで加入していた医療保険(国保・会社の健康保険等)の自己負担限度額については、それぞれご確認ください。)

高額療養費制度の見直しについて

平成29年8月と平成30年8月からの2回に分けて、自己負担限度額の改正が行われます。詳しくは下記リンク先をご覧ください。

後期高齢者医療 高額療養費制度の見直しについて

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 医療給付課 医療助成チーム(9-1番窓口)
電話番号:072-674-7178
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる