現在の位置

腸管出血性大腸菌による食中毒にご注意!

腸管出血性大腸菌は、動物の腸管内に生息し、糞便などを介して食品、飲料水を汚染して、主に加熱不足の肉(生肉含む)、生野菜などの食品、水を介して感染します。加熱や消毒処理には弱い菌ですので、生肉を使った肉料理を避けることや、肉の中心部まで十分に加熱すること、野菜類はよく洗浄することなどが重要です。

性質

腸管出血性大腸菌は「ベロ毒素」という強力な毒素を作り出し、少数の菌量でも人に下痢や腸炎を起こします。 また、幼児や高齢者などの免疫力の弱い人では腎臓や脳、神経に障害を与えるなど重症化や、命を奪う場合もあります

症状

2日~10日(平均3日~5日)という比較的長い潜伏期間の後、激しい腹痛、水様下痢、軽度の発熱を呈し、 後に血便となることもあります。さらに、子どもや高齢者、免疫力の低下している人ではベロ毒素が血液中に入り、 HUS(溶血性尿毒症症候群)などを引き起こし、死に至る場合もあります。

腸管出血性大腸菌による食中毒にかからないように以下のことを守りましょう!!

  • 冷凍品や生ひき肉を使ったメンチカツ等を含めて、食肉は十分に加熱(中心部75度1分間以上)して食べましょう。
  • 排便後、食事の前、下痢をしている子どもや高齢者の排泄物の世話をした後などは、石けんと流水(汲み置きでない水)で十分に手洗いをしましょう
  • 下痢などで体調の悪いときは、浴槽・プールの使用を控えてください。
  • 井戸水は生のまま使用しないでください。
  • 野菜類はよく洗浄してください。
  • 飲食店などで食べるときには、生肉や肉を生焼けで食べる料理がメニューにあっても、なるべく避けたほうが安全です。また、焼肉やバーベキューなど、自分で肉を焼きながら食べる場合も、十分加熱し、生焼けのまま食べないようにしましょう。
  • 特に、若齢者、高齢者、抵抗力が弱い方は、重症化することがありますので、生肉や加熱不十分な肉料理を食べないようにしてください。

以下一般的な食中毒予防対策です

  • 調理作業前などには手指の洗浄消毒を徹底しましょう。
  • 食肉を扱った容器、包丁、まな板は熱湯などで殺菌・消毒しましょう。
  • まな板、包丁、ふきんなどは食材ごとに使い分けよく洗いましょう
  • 細菌は低温でも生き続けるので、冷蔵庫に入れたことで安心しないでください

下痢や腹痛と共に便に血が混じった場合、すぐに医師の診察を受け指示に従ってください。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。

外部サイトへ腸管出血性大腸菌による食中毒

外部サイトへ家庭でできる食中毒予防の6つのポイント(厚生労働省)

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 保健所 保健衛生課
住所:〒569-0052 高槻市城東町5-7  地図
電話番号:072-661-9331
FAX番号:072-661-1800
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる