現在の位置

医療費助成(内容)

後期高齢者医療制度

75歳以上の方(65歳以上の一定の障がいをお持ちの方を含む)を対象に、平成20年4月から、老人保健法による医療から改正実施されました。
制度は、「大阪府後期高齢者医療広域連合」が保険者として運営し、高槻市は申請の受付、保険料の徴収等を行っています。

詳細は、下記をご覧ください。

後期高齢者医療制度とは

後期高齢者医療制度の対象者

老人医療(一部負担金相当額の助成)

65歳以上の人で、下記に該当する人に、受診のときに支払うべき医療費の自己負担のうち、次の一部自己負担額を控除した額を助成します。(所得制限あり)
1医療機関(薬局は除く)あたり1日500円以内、月2日までの一部自己負担額が必要です。

  • (1)身体障がい者及び知的障がい者の医療費助成制度の資格要件を満たしておられる人
  • (2)ひとり親家庭の医療費助成制度の資格要件を満たしておられる人
  • (3)障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行令に基づく精神通院医療を受けている人
  • (4)「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に規定されている結核の医療を受けている人
  • (5)特定疾患治療研究事業実施要綱に規定する疾患を有する人

詳細は、下記をご覧ください。

老人医療費助成制度とは

老人医療費助成の対象者

入院時の食事療養標準負担額の助成

65歳以上で、次に該当する人の入院時の食事代(食事療養標準負担額)を助成します。(所得制限あり)

  • (1)身体障がい者手帳1・2級か、療育手帳Aの所持者
  • (2)療育手帳B1と身体障がい者手帳の所持者
  • (3)ひとり親家庭医療費助成対象の養育者など

注釈:健康保険で療養病床に入院し、生活療養標準負担額を負担されている方には、食事療養標準負担額と同額を助成します。

身体障がい者・知的障がい者医療費の助成

健康保険に加入している(1)身体障がい者手帳1・2級(2)療育手帳A(3)知的障がいの程度がB1の判定を受け、かつ3~6級の身体障がい者手帳を所持している方などの要件に該当する人か、(4)18歳の年度末までの身体障がい者手帳または療育手帳を所持している人などに、保険診療の自己負担相当額(下記の一部自己負担額を控除した額)や入院時の食事代、訪問看護ステーションから訪問看護を受けたときの利用料を助成します。なお、所得制限があり、(1)(2)(3)に該当する人は、本人の所得が扶養親族の無い場合4,621,000円以下、控除対象配偶者や扶養親族がある場合には、1人につき38万円等を加算する。(4)については、市民税が非課税の世帯に属している人。
1医療機関(薬局は除く)あたり1日500円以内、月2日までの一部自己負担額が必要です。

詳細は下記をご覧ください。

障がい者医療費助成制度とは

障がい者医療費助成の対象者

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 医療給付課 医療助成チーム(9-1番窓口)
高槻市役所 本館1階
電話番号:072-674-7178
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる