現在の位置

平成27年度決算の概況

平成27年度の主な事業

  • 大型ノンステップバス3両を新規に購入し、大学輸送の強化を図りました。これらはすべてバリアフリー化への対応として、車椅子用のスロープ板付きとするとともに、環境に配慮したアイドリングストップ機能付きとしました。また、JR高槻駅南駅前広場の再整備に伴い、乗り場、案内所等の施設案内をより分かりやすくし、利便性の向上を図るため、駅南口・北口コンコースのバス乗り場案内用サイン(案内表示)を関係部局と連携を図りながら統一的なデザインで製作しました。
  • 平成27年4月17日から、これまでご利用いただいているICOCA、PiTaPaに加え、それ以外の全国で利用されている交通系ICカード全てを市営バスでも利用できるサービスを開始し、市外から訪れるお客様の利便性向上に努めました。
  • 「家族一緒に市バスでお出かけ」小学生無料キャンペーンを、平成27年7月18日から8月24日まで実施し、市営バスの利用促進を図るとともに、子育て世帯への支援、交流人口増加による市内のにぎわい創出などに寄与するため、中学生以上の旅客1名につき、同伴の小学生5名までの運賃を無料としました。
  • 高槻市が定住人口の増加を目的にプロモーションする「あれもこれもが叶う街、高槻に住もう!どっちもたかつき」キャンペーンで、大阪モノレールにおいて4色のラッピング車両が走行していたことに合わせ、市営バスにおいても同様のラッピングバスの運行を継続し、高槻市の魅力をPRしました。
  • 平成27年9月27日の「スルッとKANSAI」第15回バスまつりへの参加などを通じて、バス利用の呼びかけや、高槻市のPRにも努めました。
  • 既設バス停留所標識柱の老朽化に伴い、市営バスに親しみをもってもらうとともに、イメージアップを図るため、路線ごとに統一のとれたデザインに更新しました。また、お客様に安全性・快適性を提供するため、ベンチの設置や交換等をはじめ、バス停留所の簡易照明の設置や増設、横断防止柵の改良及び設置などを行い、停留所施設の整備に努めました。
  • 高槻市交通指導員協議会などが小学校で開催する「親と子の交通安全教室」に7回参加し、バスと歩行者との事故防止に向けての啓発に努めました。
  • 全国的にも高齢者の車内事故発生率が高いことなどから、未然防止のための情報提供として、高齢者等を対象にした「バスの安全な利用方法について」の講習会を1回開催しました。
  • 安全性・利便性の周知や利用促進を図るため、ベビーカーを利用する子育て世帯を対象に、「親と子のベビーカーを利用したバスの乗り方教室」を3回開催しました。
  • 平成27年10月1日より一般貸切運賃を時間制運賃及びキロ制運賃の併用制とし、出庫から入庫までの運行時間と走行距離に応じて算定することとしたほか、それぞれの上限運賃を設定しました。また、運行の前後に点呼・点検時間として1時間を含めることに加え、必要に応じ交替運転者配置料金、深夜早朝運行料金を適用するほか、これまでの回送料金、待機料金を廃止する料金体系に改定しました。

 

 

経営状況

平成27年度の収支については、収入総額は35億1,315万9,031円、支出総額は33億2,728万3,299円で、当年度純利益は 1億8,587万5,732円となりました。  

黒字の要因については、緩やかな景気の回復を起因とする乗合収入の増加や、軽油単価の下落などが影響したことによるものです。

この結果、前年度からの繰越利益剰余金28億6,034万7,136円と合わせて、30億4,622万2,868円が当年度末の未処分利益剰余金となりました。

また、当年度末における正味運転資本は、前年度末より4億4,224万2,005円増加して37億6,606万219円となりました。なお、退職給付引当金10億4,747万5,856円を差し引くと正味運転資本は、27億1,858万4,363円となっております。

業務量については乗合、貸切を合計した総走行キロ数は、536万9,605.4Kmとなり、輸送人員は、1,954万7,879人となりました。

 

平成27年度決算概況(PDF:550.3KB)

お問い合わせ先
高槻市 交通部 総務課
住所:高槻市芝生町4丁目3-1 地図
電話番号:072-677-3505
FAX番号:072-677-3516
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる