現在の位置

市営バス乗車券のIC化を推進します

来年(平成30年)4月1日(日)より、市営バスでのICカードのご利用は、乗車時・降車時の「2回タッチ」をお願いします

市営バスでは、お客様の利便性向上やご利用状況の把握などのため、乗車券のIC化を進めています。それに伴うご利用方法の変更点などについてお知らせします。

ICカードのご利用について

  • 全てのICカード(市営バス定期券、PiTaPa・ICOCA他全国相互利用交通系ICカードなど)のご利用は、来年(平成30年)4月1日(日)から、市営バスの全路線で乗車時・降車時の「2タッチ方式」となります。乗車時には中扉横のICカード読み取り機に、降車時には運賃箱のICカード読み取り機に触れていただきますようにお願いします
  • 平成30年4月から順次、高齢者・障がい者等無料乗車証(健康福祉部発行)についても、ICカードへの移行を予定しています。

磁気カードのご利用について

  • 磁気カード(回数カード、1day・2day磁気乗車券、スルッとKANSAIカード)のご利用は来年(平成30年)1月31日(水)をもって終了いたします。
  • 営業所・案内所での磁気回数カードの販売は、在庫がなくなった券種から、随時終了いたします(1day・2day磁気乗車券の販売は終了いたしました)。
  • 市営バス発行の磁気カード(回数カード、1day・2day磁気乗車券)は、来年(平成30年)2月1日(木)以降、規定に基づく金額を払い戻しいたします。

紙製回数券のご利用について

  • 紙製回数券のご利用は再来年(平成31年)9月30日(月)をもって終了いたします。
  • 紙製回数券の販売は、「バス車内=12月31日(日)」、「営業所・案内所・委託販売所=来年(平成30年)9月30日(日)」をもって終了いたします。
  • 市営バス発行の紙製回数券は、再来年(平成31年)10月1日(火)以降、規定に基づく金額を払い戻しいたします。

磁気カード・紙製回数券に代わる新たなサービスについて

  • 現在の磁気カード・紙製回数券の販売終了に伴い、来年(平成30年)10月1日(月)から、新しいサービスに対応した「市営バス専用のプリペイド式ICカード」を販売予定です。
  • ICカードの乗車時・降車時の2タッチ方式を活用して、乗継割引などの新たなサービスを導入する予定です。
  • 詳細については、後日お知らせします。
お問い合わせ先
高槻市 交通部 企画運輸課
住所:高槻市芝生町4丁目3-1 地図
電話番号:072-677-3507
FAX番号:072-677-3516
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる