現在の位置

災害時にみんなが安全に避難するために

地域には、災害時に安全な場所へ避難するために、支援を必要とする人がいます。「災害時要援護者」と呼ばれ、状況は様々です。一般的な状況や要援護者本人が備えておくこと、周りの人が気にかけておくことは、次のとおりです。

災害時には、みんなが安全に避難するために、周りの人は進んで手助けしましょう。

高齢者

自力で行動できるが、屋外では難しい場合もある。自身の状況を的確に伝えることが難しい人もいる。

本人

避難に必要なものを準備しておきましょう。

支援者

情報を迅速に伝え、避難誘導などの手助けをしましょう。

視覚障がい

視覚情報で被災状況を的確に把握することが難しく、災害時には状況が一変するため、自力では素早く行動することができない。

本人

白杖やラジオなどの避難必要なものを準備しておきましょう。

支援者

避難誘導をするとき、肘や肩を持ってもらい半歩前を歩きましょう。

聴覚障がい

外見だけでは障がいがあることが分かりづらく、自身の状況を言葉で説明することが難しい。

本人

筆記用具を準備しておきましょう。

支援者

手話・文字・絵図などを用いた情報伝達や状況説明をしましょう。

肢体不自由

自身の安全を確保することや、自力で避難することが難しい。自身の状況を的確に伝えることが難しい人もいる。

本人

避難に必要なものを準備しておきましょう。

支援者

避難誘導をするとき、車椅子やストレッチャーなどの移動器具を活用しましょう。

内部障がい

外見だけでは障がいがあることが分かりづらく、自力での行動が難しい人もいる。

本人

常用薬を備え、かかりつけ医の災害対応を確認しておきましょう。

支援者

人によって医療機器の使用状況や必要な支援が異なるため、本人に確認し、医療機関などの情報収集の手助けをしましょう。

知的障がい

状況の変化が起きると対応することが難しく、パニックを起こすことがある。

本人

氏名や住所、連絡先などが分かるものを準備しておきましょう。

支援者

落ち着いて優しい口調で状況説明をしましょう。

精神障がい

自力で危険を察知したり、行動することが難しく、精神的動揺が激しくなることがある。

本人

常用薬の種類を把握し、携帯しておきましょう。

支援者

動揺させないようにゆっくり丁寧に話しかけ、医療機関などの情報収集の手助けをしましょう。

避難場所・施設

災害時の避難場所として、「緊急避難場所」「避難所」と、「広域避難地」「準広域避難地」を指定しています。自宅や職場の近隣にある避難場所をあらかじめ確認しておき、適切な避難行動を取れるようにしましょう。

避難場所・施設(広域避難地)

避難場所・施設(避難所)

避難場所・施設(救護所・給水拠点)

日頃から顔の見える関係づくりを

 災害時は地域や隣近所による助け合いが非常に大切です。普段から顔の見える関係をつくるためにも、地域で開催される避難訓練に積極的に参加し、災害時の対応や避難経路などについて確認しておきましょう。

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 福祉政策課
高槻市役所 総合センター 14階
電話番号:072-674-7162
ファクス番号:072-674-7820
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる