現在の位置

都市計画マスタープランについて

都市計画マスタープラン策定にあたって

本市では、平成9年に都市計画の基本的な方針を示す「都市計画マスタープラン」を策定後、本市を取巻く社会情勢や環境の変化に対応するため、平成18年に改定し、都市基盤の整備や景観形成をはじめ、それぞれの地域におけるまちづくりに取組み、都市機能の充実を図ってきました。

現在、平成26年度完成に向けてJR高槻駅北東地区の都市開発事業が進行し、本市の新たな玄関口が形成されつつあることや、平成30年度供用開始予定の新名神高速道路とインターチェンジの整備が進められるなど、本市の魅力と活力は、今後より一層高まります。  一方では、長びく経済不況や少子高齢化の進展への対応のほか、大震災や近年多発しているゲリラ豪雨といった自然災害への備えなど、市民が安全で安心して暮らせるまちづくりも必要です。

このような状況を踏まえ、本市がさらに発展していくため、平成32年度を目標年次とした本市総合戦略プラン(第五次総合計画)のまちづくりを都市空間として具体化していく新しい都市計画マスタープランを、この度策定しました。

都市計画マスタープランとは

都市計画法第18条の2の規定に基づく「市町村の都市計画に関する基本的な方針」で、役割は以下のとおりです。

  1. 今後の都市づくりの具体的な指針
  2. 具体的な都市計画の決定・変更の指針
  3. 個別の都市計画相互の調整を図るもの
  4. 個別の都市計画に関し、市民の理解や協働の促進

対象区域と目標年次

計画の対象区域

計画の対象区域は、市域全域(都市計画区域)とします。

計画の目標年次

目標年次は、平成32年度とし、その計画期間は、平成23年度から平成32年度までの10年間とします。

構成

都市計画マスタープランは高槻市における都市づくりの前提となる事項を示す「都市の特性と都市づくりの課題」、市域全体の都市づくりの方向性を示す「全体構想」及び地域別の都市づくりの方向性を示す「地域別構想」の3つの章で構成します。

都市づくりの基本理念

住みたい、住み続けたい、訪れたい都市(まち) たかつき

都市づくりの目標

  • 環境にやさしく快適に住み続けられる都市
  • 人にやさしく安全・安心に暮らせる都市
  • 活き活きとした交流を支える風格と魅力ある都市
  • 市民とともにつくりあげる質の高いまちづくり

特徴

今回のマスタープランでは、都市づくりの基本理念の実現に向け、現行マスタープランの集約型の都市づくりを継承・推進しながら、新たな地域別構想においては、地域区分を見直すことによって、本市の拠点を活かしたまちづくりの方向性を具体的に示したことが、今回の改定の大きな特徴となっています。

本編のダウンロードはこちら

本編表紙

表紙・目次(PDF:253.8KB)

序章(都市計画マスタープランについて)(PDF:44.8KB)

第1章(本市の特性と都市づくりの課題)(PDF:1.7MB)

第2章(全体構想)(PDF:790.8KB)

第3章(地域別構想)(PDF:1.8MB)

終章(都市計画マスタープランに基づくまちづくりの推進)(PDF:26.8KB)

参考資料(PDF:62.7KB)

裏表紙(PDF:29.8KB)

概要版のダウンロードはこちら

概要版表紙

リーフレット(1ページ)(PDF:219.1KB)

リーフレット(2~3ページ)(PDF:661.1KB)

リーフレット(4~7ページ)(PDF:1.7MB)

リーフレット(8ページ)(PDF:87.3KB)

お問い合わせ先
高槻市 都市創造部 都市づくり推進課
高槻市役所 本館6階 
電話番号:072-674-7552
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただく場合があります。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる