現在の位置

道路交通法の改正で「妨害運転罪(あおり運転の厳罰化)」が創設されました

道路交通法の改正で「妨害運転罪(あおり運転の厳罰化)」が令和2年6月30日から施行

道路交通法改正で、妨害運転罪が創設され、妨害運転を行ったドライバーには罰則が強化されるほか、免許取消しの対象となります。

妨害運転の罰則は次のとおりです。

1.妨害運転(交通の危険のおそれ)

あおり運転をした場合

他の車両等の通行を妨害する目的で、一定の違反行為(下記参照)であって、当該他の車両等に道路における交通の危険を生じさせるおそれのある方法によるものをした場合。

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

違反点数25点 免許取消し(欠格期間2年)

※前歴や累積点数がある場合には、最大5年

2.妨害運転(著しい交通の危険)

あおり運転のせいで危険が生じた場合

1の罪を犯し、よって高速自動車国道等において他の自動車を停止させ、その他道路における著しい交通の危険を生じさせた場合。

5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

違反点数35点 免許取消し(欠格期間3年)

※前歴や累積点数がある場合には、最大10年

一定の違反行為

妨害(あおり)の対象となる10類型の違反

  • 通行区分違反
  • 急ブレーキ禁止違反
  • 車間距離不保持
  • 進路変更禁止違反
  • 追越し違反
  • 減光等義務違反
  • 警音器使用制限違反
  • 安全運転義務違反
  • 最低速度違反(高速自動車国道)
  • 高速自動車国道等駐停車違反

 

※画像は、あおり運転防止広報用リーフレットより抜粋

妨害(あおり)の対象となる10類型の違反の画像

車を運転するときは

車を運転するときは、自分のことだけを考えるのではなく、他の運転者に対する「思いやり・ゆずり合い」の気持ちを持ち、心に余裕を持った運転をしましょう。

 

もし、あおり運転の被害に遭ったら

あおり行為に遭遇した場合は、安全な場所に待避して、110番通報をしてください。 高速道路の本線車道上で停車すると、追突事故の恐れがあり、大変危険です。サービスエリアやパーキングエリア等の安全な場所に待避し、110番通報をしてください。そのときは、ドアロックをして窓を開けないようにしてください。警察官が到着するまでの間、ドアロックをロックして車外に出ないようにしてください。
 

ドライブレコーダーを有効に活用しましょう

ドライブレコーダーは、交通事故に限らず、あおり運転の被害に遭った場合の有力な証拠となります。前方だけでなく、後方や車内、全方向を撮影できる高性能なドライブレコーダーも販売されておりますので、有効活用してください。

あおり運転防止広報用リーフレット(PDF:5.3MB)

外部サイトへ大阪府警察ホームページ(危険な「あおり運転」の撲滅に向けて)

お問い合わせ先
高槻市 都市創造部 管理課
高槻市役所 本館5階
電話番号:072-674-7532
ファクス番号:072-674-3125
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる