現在の位置

耐震改修工事費(木造住宅)の一部補助について

(木造住宅用)耐震改修工事補助金関係書類一式


市は、安全・安心のまちづくりを推進するため、市内の木造住宅について耐震改修工事を行う場合、工事費の一部を補助します。

高槻市耐震化アクションプラン中間検証報告書(PDF:225.1KB)

高槻市における耐震化の取組みについて

補助の内容

本市の耐震関係補助要綱に基づく改修工事に要する費用について
55万円(年間所得(注)に応じ75万円)を限度に補助します。

(注)世帯全員の年間の合計所得金額から障害者控除等を差し引いた金額が
    256万8千円以下の世帯

・申請年度の2月末まで (土日祝の場合は前の平日)に完了報告書を提出すること
 予算枠に達ししだい中止となる等、ご利用頂けない場合があります。
 あらかじめご了承ください。

補助金の交付には、工事の着手前(着工前)に、市が工事計画の確認等を行う必要がありますので、希望される方は必ず事前に<下記お問い合わせ先>にお問合せください。
 
既に工事を着手又は完了している場合、補助金の交付はできません。

 対象となる木造住宅 

 下記の1~3を満たす木造住宅

  1. 原則として、昭和56年5月31日以前に建築確認を得て、建築されたもの
  2. 地階を除く階数が2以下のもの
  3. 耐震診断の結果、評点1.0(簡易型設計は0.7)未満であるもの
    ※評点とは、大地震での倒壊の可能性についての指標です。

補助対象者

前記住宅の所有者で、年間所得が699万円以下であること

補助の対象となる工事

次の1~3のいずれかを満たす工事
※ 建築士事務所に所属する建築士で、大阪府等の指定講習「既存木造住宅の耐震診断・改修講習会」の受講修了者が設計および工事監理するものに限ります。

  1. 耐震診断の結果、評点が1.0未満の住宅について、当該評点を1.0以上にまで引き上げる工事
  2. 耐震診断の結果、評点が0.7未満の住宅について、当該評点を0.7以上かつ現状よりも0.3以上にまで引き上げる工事
  3. 耐震診断の結果、評点が1.0未満の住宅について、1階部分の耐震評点のみを1.0以上にまで引き上げる工事

関連リンク

住宅耐震改修に伴う固定資産税の減額措置

お問い合わせ先
高槻市 都市創造部 審査指導課 
電話番号:072-674-7567
審査指導課メールアドレス
迷惑メール対策のため、メールアドレスを画像で掲載しています

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる