現在の位置

耐震診断義務化対象路線の指定について

平成29年3月に策定した「高槻市耐震化アクションプラン2017」において、災害時の道路機能を確保する必要がある路線を、耐震診断義務化対象路線を指定しました。

高槻市における耐震化の取組みについて

耐震診断義務化対象路線

高槻市では、災害時の道路機能を確保するため、大阪府北部広域防災拠点(万博公園)と本市を結ぶ国道171号(大阪府指定道路)から総合防災拠点2か所(総合スポーツセンター、古曽部防災公園)への経路を2以上確保できる路線と新名神高速道路高槻インターチェンジへの路線を耐震診断義務化対象路線に指定しました。

 

耐震診断義務化対象路線(PDF:356.1KB)

耐震診断義務対象の建築物(要安全確認計画記載建築物)

  • 高槻市が指定した道路に敷地が接する建築物
  • 昭和56年5月31日以前に新築工事に着手した建築物(旧耐震基準)
  • 建築物のそれぞれの部分から道路の境界線までの水平距離Aに、道路幅員の2分の1に相当する距離L/2(幅員が12メートル以下の場合は6メートル)を加えたものに相当する高さを超える建築物

義務対象となる建築物

耐震診断結果の報告期限

平成32年12月末まで


 

 

 

お問い合わせ先
高槻市 都市創造部 審査指導課
高槻市役所 本館6階 
電話番号:072-674-7567
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる