現在の位置

川を安全に利用するために

川遊びなどを安全に楽しむために、次の点に注意しましょう。

子どもだけでは遊ばない

水深が浅い場所でも、少し目を離したすきに事故につながることがあります。

幼児はもちろん、泳げない子どもなどが水遊びするときは、必ず大人が付き添い、目を離さないようにしましょう。

 

流れが速い・深みがあるところに近づかない

川の地形は複雑であり、同じ川でも場所によって流れが速くなったり、急に深くなったりする場所があります。

川に入るときは、浅瀬で流れの緩やかな場所を選びましょう。

 

天気や川の急な変化に注意する

川辺では、天候の変化や川の状態に注意しましょう。

以下の変化が見られると、川の水が急に増えるサインです。

  • 上流の空に黒い雲が見えたとき
  • 雷が聞こえたとき
  • 雨が降り始めたとき
  • 落ち葉や流木、ゴミが流れてきたとき

 

ライフジャケットの着用など安全対策を行いましょう

ライフジャケットは体のサイズにあったものを選び、正しく着用しましょう。

子どもは体が小さいので、落水時に脱げないように股下にベルトがあるものもあります。

川を利用する際は、安全に配慮しながら、魚や鳥などの動物や植物を感じましょう。

「川を安全に利用するために」チラシ(PDF:469.4KB)

出典:公益財団法人河川財団「水辺の安全ハンドブック」

出典:政府広報オンライン「水の事故を防いで海、川、山を安全に楽しむために」

関連リンク

公益財団法人河川財団「水辺の安全ハンドブック」(PDF:6.1MB)

外部サイトへ政府広報オンライン「水の事故を防いで海、川、山を安全に楽しむために」

お問い合わせ先
高槻市 都市創造部 下水河川企画課
高槻市役所 本館7階
電話番号:072-674-7432
ファクス番号:072-675-3252
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる