現在の位置

水防活動について

水防活動とは

水防活動とは、洪水の発生を未然に防ぎ、または洪水が発生したときに被害を最小限にするために行う活動のことを指します。

具体的には、河川などの巡視や堤防に土のうを積んで越水を防いだり、場合によっては崩壊しそうな堤防を補強したりします。

水防活動は、市町村が主体となり、消防機関、水防団に出動を要請することができます。

水防団

水防団とは、水防法第5条の規定により設置される水防に関する防災組織です。地域の河川の氾濫や洪水、その他の水害に対処していただいております。また、水防団員は地域住民により任用されています。淀川においては、淀川右岸水防事務組合が私たちのくらしを守ってくれています。

外部サイトへ淀川右岸水防事務組合

水防倉庫について

水防倉庫とは、水害による被害を防ぐため、水防資機材(土のう、防水シート、ロープ、杭など)を備えた倉庫です。本市所管の水防倉庫は6か所、大阪府茨木土木事務所書簡の水防倉庫は1か所、淀川右岸水防事務組合所管の水防倉庫が26か所あります。
なお、この水防倉庫は、行政や水防団、消防団が使用するためのもので、一般の方はご利用いただけません。

行政が所管する水防倉庫

名称

所在地

所管

磐手水防倉庫

紅茸町

高槻市

清水水防倉庫

大蔵司一丁目

高槻市

阿武野水防倉庫

氷室町四丁目

高槻市

芥川水防倉庫

芥川四丁目

高槻市

女是水防倉庫

津之江二丁目

高槻市

芥川水防センター

川西町三丁目

高槻市

芥川水防倉庫

川西町二丁目

大阪府茨木土木事務所



芥川河川防災ステーション

芥川河川防災ステーションは、水防活動を行う場合に必要となる土砂などの緊急用資材をあらかじめ備蓄しておくほか、資材の搬出入やヘリコプターの離着陸などに必要な作業ヤード、へリポートを備えた水防活動の拠点施設です。平常時には、水防センターが地域のコミュニティー活動の場である清水池コミュニティーセンターとして利用されています。


全体土量    約22,000立方メートル
使用可能土量  約14,700立法メートル
ヘリポート   25メートル×30メートル(小型ヘリの離発着可)
水防用樹木   47本 
水防センター  鉄筋コンクリート2階建て
建築面積          約263平方メートル
延べ床面積       約511平方メートル

 

芥川河川防災ステーションの施設名と災害時または平常時の利用区分

施設名称

災害時の利用

平常時の利用

水防センター

  • 水防倉庫
  • 災害時の司令室
  • 水防団員の待機、休憩室
  • 地域のコミュニティの場(清水池コミュニティセンター)
  • 河川及び防災のPRの場

多目的広場

  • 災害活動の作業スペース
  • 資材の搬入、積卸スペース
  • ヘリポート
  • 土のう用の土砂の採取
  • 緊急避難地
  • 公園としての憩いの場
  • 祭りなどの地域のイベントの場

緑化、修景施設

  • 資材としての土砂、竹木の利用
  • 延焼遮断
  • 散策路としての憩いの場
  • 生物の生息空間
  • 景観の保全

 

芥川防災ステーション

お問い合わせ先
高槻市 都市創造部 下水河川企画課
高槻市役所 本館7階
電話番号:072-674-7432
ファクス番号:072-675-3252
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる