現在の位置

総合雨水対策について

集中豪雨などによる浸水被害を軽減するために

本市では、大正6年(1917年)に台風によって決壊した淀川の「大塚切れ」をはじめ、度々、河川の水害に悩まされてきましたが、河川管理者の国や大阪府が河川改修を進めた結果、昭和42年(1967年)以降は河川の氾濫(外水氾濫)による大きな被害は発生していません。

しかし、近年、都市部を中心に、下水道の計画規模を大きく上回る集中豪雨の多発や、都市化の進展に伴う流出形態の変化などにより、雨水を下水道や水路で排水しきれないことによって起こる浸水(内水氾濫)が発生するようになりました。

昔と現在の雨水排水の環境は大きく変わり、雨水を蓄える役割を持った緑地や農地の割合が減少し、市街地などアスファルトやコンクリートで覆われた浸透性の低い土地は年々増加傾向にあります。今まで浸み込んだり蓄えられたりしていた水の循環が崩れ、すぐに河川や下水道に流出してしまうため、以前は溢れることのなかった下水道や水路でも雨水を排水しきれなくなり、浸水被害が発生するようになっています。

本市でも、平成24年(2012年)8 月に最大で時間降雨量110 ミリという集中豪雨があり、床上浸水247 件、床下浸水597 件という甚大な浸水被害が発生しました。このような集中豪雨等による浸水被害を軽減するため、『高槻市総合雨水対策基本方針』を定め、現在、取組を進めています。

雨水排水の昔と現在の違い

浸水の様子(2012年8月14日)

高槻市総合雨水対策基本方針

集中豪雨などによって高まっている浸水リスクに対する、市の取組の方向性を示したものです。

総合雨水対策の理念

  • 市民・事業者・行政が良好なパートナーシップのもと、自助・共助・公助の視点をもって、総合雨水対策を推進します。

総合雨水対策の視点

  • 浸水被害から人命の安全を図ることを最優先とします。
  • 浸水リスクの高さや被害の大きさ等を総合的に判断して選択と集中を行い、効果的かつ効率的に対策を実施します。
  • ハードとソフトを組み合わせ、浸水防止対策だけでなく、浸水被害軽減対策の強化や地域防災力の向上を図ります。

高槻市総合雨水対策基本方針〔平成25(2013)年2月〕(PDF:510.6KB)

 

総合雨水対策アクションプラン

総合雨水対策アクションプランは、基本方針に基づき、内水氾濫を主眼に、総合的な雨水対策を着実に推進するため、平成27年度~平成46年度の20年間で行うべき取組や事業等を示す行動計画です。

主な内容

  • 浸水多発地区を中心に「重点地区」を定め、効果的かつ効率的に対策を実施
  • 市内全域では、下水道の雨水流出抑制施設の整備やソフト対策等を実施
  • 重点地区では、下水道の計画降雨を超える雨への対策として雨水貯留施設の整備を重点的に実施
  • 進捗状況や、社会状況の変化を踏まえ、概ね5年毎に見直し

 

高槻市総合雨水対策アクションプラン〔平成27(2015)年2月〕(PDF:2.1MB)

 

推進体制

平成24(2012)年11月に、『高槻市総合雨水対策推進本部』(本部長:副市長)を設置し、下水道や危機管理、道路等の関係部局が連携して、取組を進めています。

進捗状況

年度ごとの実施目標、実施内容、次年度目標を定め、更なる進捗を図るため、進捗状況を取りまとめています。

平成30年度 進捗報告(PDF:879.4KB)

平成30年度 進捗状況表(PDF:389.3KB)





家庭でできる水害への備え

集中豪雨による浸水は短時間で発生するため、被害の軽減を図るためには、ご家庭や地域でも、災害に対する備えを怠らないことが大切です。
市でも、土のうを配布したり、地域のみなさんが自由に使える土のう置き場として「土のうステーション」を設置するなどの支援を行っています。

具体の対策については、「風水害」のページをご覧ください。

 

おおさか防災ネット

「おおさか防災ネット」は、大阪府と府内の全市町村が共同して、気象・地震やライフライン情報、災害発生時の被害・避難情報など幅広い防災情報を提供するホームページで、雨量や河川の水位なども確認することができます。

クローズアップNOW「あなたの風水害対策は大丈夫ですか?

約9分。平成27年6月10日から19日にCATV広報番組「情報BOXワイドたかつき」で放映。

家庭でできる風水害対策として、市民が自由に使える土のう置き場「土のうステーション」や災害時に必要な情報をまとめた防災ポータルサイト「おおさか防災ネット」などを紹介。

関連リンク

風水害

災害用土のうについて

土のうステーション

外部サイトへおおさか防災ネット 高槻市

お問い合わせ先
高槻市 都市創造部 下水河川企画課
高槻市役所 本館7階
電話番号:072-674-7432
ファクス番号:072-675-3252
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる