現在の位置

下水道の維持管理

汚水管のつまり

汚水桝には、管理区分が決められており、持ち主に管理していただく排水設備としての私設桝と高槻市が管理する公共桝があります。
敷地境界線からおよそ1m以内の位置に設置してある市章付きの汚水桝が公共桝です。
管理区分図と公共汚水桝の蓋は下記のとおりです。

【管理区分図】

管理区分

公共汚水桝

【公共汚水桝の蓋】

排水設備(宅内の排水管や私設桝)に当たる箇所が詰まったり、破損した場合は、持ち主の費用負担での対応(清掃や補修)となります。施工業者または「排水設備等修繕対応指定工事店」へ連絡してください。なお、業者に依頼した場合、費用が発生しますので、事前に見積りを取られることをお勧めします。
下水管つまりが排水設備(宅内の排水管や私設桝)に当たる箇所か否か不明な場合は、下水河川事業課維持チーム(072-674-7492)までご連絡ください。

下水道の保守点検

下水道の保守点検は下記の調査方法により実施しています。

カメラ調査

下水管の中にカメラを潜行させ調査を行うため、細かな情報が入手でき、状態の把握には適していますが、実施費用が高く、日進量が進まないため、継続的な調査は困難です。

カメラ調査1

管のズレ

カメラ調査2

異物混入によるつまり

カメラ調査3

土砂の流入による堆積

カメラ調査4

木の根の入り込み

地上からの目視調査

マンホール内を地上から目視により状態把握を行うため、下水管内の状況は確認できませんが、管口、流下状況、マンホール内の損傷状況を把握することができます。実施費用は比較的安いため、継続的な調査が可能です。

地上からの目視調査

マンホール内からの目視調査

マンホール内から鏡、ライトの使用により下水管内の見える範囲の損傷状況を確認できます。また、地上からの目視調査より詳細に管口やマンホール内の損傷状況を把握できます。実施費用は地上からの調査より高くなります。

人孔からの目視調査

路面状況調査

路面の凹凸調査では下水道施設を把握できないため、カメラ調査や地上からの目視調査、マンホール内からの目視調査と併用して実施します。

下水管の補修

管更生工法

地面を直接掘削することなく、劣化した下水管内に新しい管をつくり補修する工法です。
深い位置に埋設されている箇所や他企業埋設物の制約を受ける箇所等、地面を直接掘削する開削工法での対応が困難な場合に適用しています。

管更生工法(施工前)

管更生工法(施工前)

管更生工法(施工後)

管更生工法(施工後)

開削工法

地面を直接掘削し、下水管を新たに設置または補修し、埋め戻す工法です。
一般的に浅い位置にある下水管に向いており、工事規模の小さい下水工事に採用しています。

下水管の補修(施工前)

下水管の補修(施工前)

下水管の補修(施工後)

下水管の補修(施工後)

マンホール蓋の補修

マンホールは、下水管の点検や清掃等の維持管理を行う上で重要な施設です。
マンホールは、地上に出ている数少ない下水道施設であるため、必要な時にいつでも開閉が出来ることが求められています。マンホール蓋は、設置している箇所の状況により、劣化の進行は様々ですが、坂道やカーブ、交差点など使用される場所によって著しく劣化することがあります。また、下水から発生した硫化水素がマンホール内で硫酸となり、長年、硫酸で侵食された状態にあるマンホール蓋裏面は、腐食劣化します。
激しく劣化したマンホール蓋については、交換・補修を行っています。

マンホール蓋周りの劣化状況

マンホール蓋周りの劣化状況

マンホール蓋裏面の腐食状況

マンホール蓋裏面の腐食状況

浸水被害軽減対策(圧力開放蓋)

雨水と汚水を同一の下水管で流す「合流式」の地域では、大雨の際、大量の雨水が下水管内に流れ込みます。そのため、多量の雨水が一気に入り込むことで、下水管内の空気が圧縮され、場合によっては、トイレ等で汚水が逆流して吹き上がる現象が起きることがあります。
また、圧縮された空気の圧力が大きくなる箇所では、エアハンマによりマンホール蓋が吹き飛ぶ現象も起きています。最近では、ゲリラ豪雨の頻度が増しており、衛生上、安全上の観点から、早急な対応が必要となっています。
高槻市では、それらの問題解決方法として、マンホール蓋や公共桝を圧力開放蓋に取り替える対策を実施しています。

エアハンマによる下水の吹き上がり現象

エアハンマによる下水の吹き上がり現象

エアハンマによるマンホール蓋の吹飛び

エアハンマによるマンホール蓋の吹飛び

圧力開放蓋

圧力開放蓋の外観

圧力開放蓋の内部

圧力開放蓋の内部

圧力開放蓋(公共桝)

圧力開放蓋(公共桝)の外観

圧力開放蓋(公共桝)

圧力開放蓋(公共桝)の作動状況

お問い合わせ先
高槻市 都市創造部 下水河川事業課
高槻市役所 本館7階
電話番号:072-674-7442
FAX番号:072-675-3251
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる