現在の位置

ご家庭での備え

飲料水・備蓄水の確保を!

人間が生きていくために、1人当たり1日に摂取する必要がある水の量は、大人で3リットルといわれています。
震災などの災害直後には水の供給がストップする可能性があります。
万が一の事態に備え、日ごろから飲料水・備蓄水を確保しておくことをお勧めします。

 

保存する容器

ふたのできる容器(ペットボトル・ポリタンクなど)を、保存前に水道水で十分に洗浄してください。
また、あまり大きいと持ち運びに不便ですし、水の入替えも大変ですので手ごろな大きさのものをお選びください。

水の入れ方

保存容器に口元いっぱいまで水を入れ、空気が入らないようにふたを閉めてください。
容器に空気が残っていると空気中の雑菌で汚染される場合がありますので、できるだけ空気が残らないようにしてください。
飲料水・備蓄水は、1人1日3リットル×3日分が確保の目安となります。

水の保存方法と保存期間

冷蔵庫もしくは直射日光が当たらない風通しのよい場所で保存してください。
水道水は病原菌による汚染を防ぐため塩素で消毒しており、じゃ口での残留塩素が0.1 mg/L以上残っていることが法律で定められています。
この残留塩素の消毒効果により安心して水をお飲みいただけます。
保存できる期間は常温20度で3日、冷蔵庫で1週間ほどが目安となります。

保存期間を過ぎた水は、掃除や洗濯などにご使用ください。

 

※ご注意を※

  • 残留塩素は時間とともに消失していきますが、高温であったり日光に当たっても消失していきます。 残留塩素が消失すると雑菌が繁殖し安全性が低下しますので、保存には十分ご注意ください。
  • 浄水器を通しての水では残留塩素が残っていませんので、じゃ口から直接水を保存容器に入れてください。
  • 保存前に水を煮沸しますと残留塩素が減ってしまいますので、煮沸しないで、水のまま保存してください。 

応急給水容器の準備をしておきましょう

水の供給がストップした際、ポリタンクなどの応急給水容器がありますと、給水車から給水を受けるときに役立ちますので、あらかじめ準備しておきましょう。
ただ、あまり大きい容器ですと水をいっぱいまで入れた場合、非常に重くなり運ぶ作業が大変ですので、持ち運びのしやすい大きさの容器を準備しましょう。
(1リットル=1キログラムとして計算すると、だいたいの重さがわかります)

避難場所のご確認を

災害時の被害状況によっては、避難場所や避難施設に臨時の給水所が設置されたり、給水車が来たりする場合があります。
自宅近くの避難施設などを確認し、覚えておきましょう。

【災害時の避難場所・施設等は以下のリンクからご確認ください】

避難場所・施設

お風呂の残り湯を活用しましょう

災害時に水の供給がストップした状態が続くと生活用水も必要となってきます。
そういったときにお風呂のお湯を残しておきますと、トイレを流す水などの雑用水に使えます。
また火災時は消火用水としても使用できます。

災害時にはとても重宝しますのでお風呂のお湯はすぐに流さずに貯めておきましょう
その際、災害時に事故が起こらないようにお風呂のふたは閉めておきましょう

じゃ口を閉めておくことを忘れずに

災害時に避難などで自宅を離れる場合、じゃ口を閉め忘れていると水道が復旧した時に家の中が水浸しになる場合があります。
そうならないためにも、災害時は火元の始末と同時にじゃ口の閉め忘れにもご注意ください。

お問い合わせ先
高槻市 水道部 総務企画課
〒569-0067
大阪府高槻市桃園町4番15号 地図
電話番号:072-674-7952
FAX番号:072-674-7949
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる