現在の位置

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難となった場合の猶予制度について

新型コロナウイルス感染症の影響により、市税を一時に納付することができない場合、下記の要件に該当する方は、最長で納期限より1年間の徴収猶予が認められます。

要件

以下のいずれも満たす方

  1. 新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1ヶ月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること
  2. 一時に納税を行うことが困難であること

対象となる市税

令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する市税

申請書類

  1. 徴収猶予申請書
  2. 収入が減少していることが分かる書類

申請期限 

令和2年6月30日または納期限のいずれか遅い日

提出先

〒569-0067 高槻市桃園町2番1号 高槻市役所 総務部 収納課

お問い合わせ電話番号 072-674-7347

・申請の手引き(PDF:133.7KB)

・Q&A(PDF:108.1KB)

・徴収猶予申請書(PDF:491KB)

・徴収猶予申請書の記入方法(PDF:951.3KB)

・分納計画表(PDF:65.4KB)

 

 

上記の要件に該当しない場合でも、事業の継続が難しくなった、収入が大幅に減少した等の理由で市税を一時に納付することが困難な場合、分割納付や1年間の納税猶予が認められる場合があります。他の猶予制度を希望される場合はまずはお電話でご相談ください。

お問い合わせ先
高槻市 総務部 収納課
高槻市役所 総合センター 1階 21番窓口
電話番号:072-674-7156
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる