現在の位置

市民の木・花

市民の木

けやき

市民の木 けやき

(昭和42年3月17日選定)

古名を「槻(つきの木)」「つきけやき(強い木の意味)」ともいい、応永年間(1390年頃)この地に大きな「槻」の木があり、その高さは20丈(約60メートル)にもおよび、昼間も暗いほど繁茂していたところから、地名も「高月」から「高槻」になったと伝えられている。

市民の花

うのはな

市民の花 うのはな

(昭和42年3月17日選定)

「うつぎ」ともいう。本市の史跡-玉川の里(西面地区に所在)に群生し、古来、玉川の里は摂津の玉川として天下の六玉川の一つに数えられ、卯の花や月の名勝として有名で平安時代歌道の隆盛に伴い、その歌枕として用いられた。俳聖芭蕉翁はここを訪れて、次の句を残している。

卯の花や 暗き柳の およびごし

お問い合わせ先
高槻市 総務部 総務課 統計チーム
高槻市役所 本館6階
電話番号:072-674-7418
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる