現在の位置

2020年農林業センサスを実施します

農林業センサス

農林業センサス

農林業センサスは、統計法に基づく基幹統計調査であり、我が国の農林業の生産構造や就業構造の実態を明らかにすることを目的に、5年ごとに実施する農林業に関する最も基本的な統計調査です。

本調査は、全数調査として実施することから、詳細な地域ごとの農林業の実態を明らかにすることが可能であり、国だけでなく都道府県や市区町村など、様々なところで農林行政の推進に活用されています。

 

調査期日と調査期間

  1. 調査期日 令和2年2月1日
  2. 調査期間 令和2年1月中旬から令和2年2月末日

調査対象

農林業を営むすべての世帯や会社等の組織に、調査員が訪問します。

また、一定規模以上の農林産物の生産、又は委託を受けて農林業作業を行う世帯や会社等の組織に対しては調査票を配布します。

調査方法

大阪府知事に任命された調査員が調査区を巡回し、調査票の配布・回収を行います。

※高齢等により調査票の記入が困難である場合は、必要に応じ調査員が記入の補助を行うことができます。また希望に応じて、調査員の回収に替えてオンラインによる報告も可能としています。

個人情報の保護

統計法では、調査対象者が安心して記入していただけるよう、調査員および調査関係者に対して調査票の記入内容を厳重に保護することを定めています。

また、統計調査の名簿作成など、定められた目的以外に使うことを法律で禁じられているので、調査の結果が、税金の徴収などに使われることは一切ありません。

 

  1. 守秘義務 調査に従事して知り得た個人や団体の秘密を漏らしてはならない
  2. 利用制限 統計調査の目的以外に、調査票の記入内容を利用したり、提供してはならない
  3. 適正管理 記入された調査票を適正に管理するための措置を講じなければならない

調査結果の利用

本調査の結果は、食料・農業・農村基本計画及び森林・林業基本計画に基づく各種農林業施策の企画・推進・評価の際の基礎資料として、また各種交付金(地方交付税法に基づく普通交付税算定における農業行政費、農業改良助長法に基づく協同農業普及事業に係る交付金など)の算定のための基礎資料として活用されるほか、農業経営安定等の施策の立案や各種統計調査を効率的に実施するための調査対象全体の情報としてなど、多様な活用がなされています。

 

調査にご理解いただき、皆様のご協力をお願いいたします。

関連リンク

外部サイトへ農林水産省 2020年農林業センサスキャンペーンサイト

お問い合わせ先
高槻市 総務部 総務課 統計チーム
高槻市役所 本館4階
電話番号:072-674-7418
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる