現在の位置

平成28年度自主防災組織連絡会訓練が開催されました!

6月12日(日)に古曽部防災公園で自主防災組織連絡会訓練が開催されました。

今年度は、市内の144自主防災組織、訓練見学者も含め167名の方が参加され、防災の基礎知識の習得、組織間の相互協力体制の強化を図るとともに、防災意識を高めることを目的とし、「救護訓練」「初期消火・放水訓練」「防災資機材取扱訓練」「水防訓練」の4ブースに分かれ、実施されました。

当日は来賓として、濱田市長をはじめ、高槻市コミュニティ市民会議の高須賀議長、社会福祉法人高槻市社会福祉協議会の倉橋会長が出席されました。

 

開会式

開会式の様子

松浦代表幹事の挨拶

松浦代表幹事の挨拶

訓練の模様をお知らせする前に…

「自主防災組織連絡会」について少しご紹介したいと思います。

自主防災組織連絡会とは

自主防災組織連絡会は、高槻市内に設立された自主防災組織が一体となって、地域に密着した対策を推進することにより、地震・風水害等による被害の防止及び軽減を図り、地域防災力を高め、より安心して暮らすことのできるまちづくりの実現を目指すことを目的として、平成15年1月に設立されました。

防災に関する知識の普及・啓発に努めるため、同連絡会の場で各組織からの情報提供や意見交換、また実務研修会などを実施することで、自主防災組織の活動の充実や連携強化を図っています。

自主防災活動

訓練内容について

参加者は、北西、北東、南西、南東の各ブロックごと分かれて、4つの訓練ブースを順番に回り、各種防災資機材の取扱いや実動訓練を通じて、防災に関する基礎技術や地域での防災訓練の手法等を学びました。訓練では、各ブースで自主防災組織の幹事等を含めた訓練指導員が主体となり消防職員などとともに訓練指導にあたりました。

(第1ブース)救護訓練

救護訓練では、以下の3点の確認を行いました。

(1)災害で怪我をされた方の初期対応の注意点

(2)身近なものを使用した搬送方法

(3)公立の市内小学校に備蓄している担架などを使用した搬送方法

毛布を使用した搬送では、毛布の持ち手部分を丸めると持ちやすくなることなどを体験し、家庭用物干し竿を使用するなど、身近にある用具を使用して搬送が出来ることを学びました。また、圧迫止血や骨折に対する応急手当として、ガーゼや三角巾などがない場合でも普段使用するビニール袋やストッキングなども代用できることを確認しました。

 

応急手当の様子

(第2ブース)初期消火・放水訓練



訓練指導員と消防隊員から、消火器の使い方・小型動力ポンプの取扱い方についての説明があり、参加者のみなさんも実際に体験しました。

大災害発生時には、消防隊が火災現場にすぐに駆けつけることができないことなどから、地域住民が協力して炎が小さいうちに消火することが減災につながるなど、初期消火の重要性やコツを学びました。

消火器は、普段いろいろなところで目にしますが、実際に使用したことがある方は少ないのではないでしょうか。今回は訓練用として水消火器を使用し、ピンを抜き、ホースをはずして火元に向け、レバーを強く握って実際に消火の体験しました。

また、小型動力ポンプは、操作方法や取扱いの際の注意点を学習し、実際に放水を体験しました。



水消火器の体験の様子

放水の様子

(第3ブース)防災資機材取扱訓練

避難所に備蓄されている防災資機材や各自主防災組織が所有している防災資機材等の取扱訓練を実施しました。

参加者は、各資機材の取扱い方法や、注意事項の説明に熱心に聞き入っていました。特に、倒壊した家屋等を持ち上げる際に使用する油圧ジャッキは、使用方法を再確認する良い機会になりました。また日頃防災訓練をはじめ地域のイベント等にて使用する、ワンタッチテントの組立方法も併せて確認を行いました。

(第4ブース)水防訓練

近年、各地で発生している局地的な豪雨などの水害に備えるため、土のうの作製や土のう積みをはじめ、家庭にあるプランターやゴミ袋を使用した簡易水防工法を学びました。

出水期をむかえ台風シーズンを目前に、土のうの積み方などの質問もあり、参加者の中からは、「想像以上に土のうが重かった」という声も上がっていました。

土のうの作り方や積み方次第で簡易に効果を得られることを、学びました。

また、各地域には地域の皆さんが使用できる「土のうステーション」が設置されています。土のうステーション1基につき10kgの土のうが約100袋入っていますので、浸水被害の防止など必要なときに、是非ご活用ください。

簡易水防工法

 

 

今回の訓練を通じて、参加された自主防災組織の皆様には、防災技術の習得や防災に対する意識を再確認できたのではないでしょうか。自主防災組織を結成されていない地域の皆さんも、是非自主防災組織を立ち上げていただき、自主防災組織連絡会訓練にもご参加いただければと思います。

また、11月27日(日)には、おおむね市内をJR、芥川で4分割したうちの南東地域にて「市民避難訓練」を実施する予定です。防災訓練に参加されたことのない方も是非ご参加いただき、地域の結びつきをより一層深めることで安全・安心のまちづくりを進めていきましょう。

お問い合わせ先
高槻市 総務部 危機管理室
高槻市役所 本館4階
電話番号:072-674-7314
FAX番号:072-675-8184
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただく場合があります。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる