現在の位置

土砂災害警戒区域・避難所等の緊急周知

土砂災害は毎年のように全国各地で発生しており、私たちの暮らしに大きな影響を与えています。

平成26年8月20日、広島県広島市で大規模な土砂災害が発生し、多数の死者・行方不明者が出たことを踏まえ、このページで改めて市民の皆さんに土砂災害の危険箇所や河川氾濫時の浸水想定の情報を紹介します。

また、市が発令する避難勧告などの情報の意味やとるべき行動を説明するとともに、災害の種類ごとに開設する避難場所の所在地をお伝えします。日頃からこれらのことを確認しておくことで、災害時に備えてください。

土砂災害危険箇所等・河川氾濫時の浸水想定

土砂災害に関する情報については、下記「土砂災害の種類」を参照してください。

土砂災害の種類

土砂災害警戒区域および土砂災害特別警戒区域については、大阪府のホームページで最新情報を公開していますので、下記を参照して確認してください。

外部サイトへ大阪府内の土砂災害の指定状況(大阪府ホームページ)

土砂災害危険箇所および河川氾濫時の浸水想定については、水害・土砂災害ハザードマップを参照して確認してください。
※土砂災害危険箇所…土石流、地すべり、急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)が発生するおそれのある箇所

避難勧告などの情報の説明

避難勧告のイラスト

風水害時の避難は、災害発生の危険度や切迫性に応じて変わり、「避難勧告」や「避難指示(緊急)」など、災害状況の深刻度に応じて発令され、防災行政無線等でお知らせします。


災害時には市からの情報などに注意し、適切な避難行動がとれるように日頃から準備をしましょう。

「避難に関する情報がないから安全」ではなく、災害時はテレビ、ラジオ等で情報を入手して、「自分の身は自分で守る」ことが大切です。

市では、以下の手段を用いて災害情報や避難情報をお伝えします。

・市ホームページ

・防災ツイッター

・防災行政無線

・緊急速報メール(エリアメール)

・J-COM(11ch)のテロップ放送

・広報車

・各種連絡網

・おおさか防災ネット(携帯メール)
  登録用メールアドレス:防災情報メール登録アドレス
  (迷惑メール対策のため、メールアドレスを画像で掲載しています)

  登録用QRコード

防災情報登録QRコード

 詳しくは、大阪防災ネットの防災情報メール登録ページをご覧ください。

外部サイトへ大阪防災ネット(防災情報メール登録ページ)

避難情報の種類については、下記を参照して確認してください。

避難情報

避難場所

指定避難所

避難場所・施設(広域避難地)

避難場所・施設(避難所)

土砂災害時の避難場所

土砂災害時における避難勧告等の発令は、13箇所の雨量観測所(杉生、樫田、中畑、二料、出灰、川久保北、萩谷、原、川久保、清水台、大和、天神、安満)がそれぞれ属する発令単位(地域)ごとに行います。発令単位(地域)ごとに開設される避難場所が異なりますので、下記表にてご確認ください。

土砂災害時の避難場所の開設箇所(PDF:90.1KB)

水害時の避難場所

水害時における避難勧告等の発令は、河川(淀川、芥川、女瀬川、檜尾川、安威川、水無瀬川)ごとに行います。河川ごとに開設される避難場所が異なりますので、下記表にてご確認ください。

(1)水害時の避難場所の開設箇所(淀川)(PDF:114.1KB)

(2)水害時の避難場所の開設箇所(芥川)(PDF:120.9KB)

(3)水害時の避難場所の開設箇所(女瀬川)(PDF:13.2KB)

(4)水害時の避難場所の開設箇所(檜尾川)(PDF:88.9KB)

(5)水害時の避難場所の開設箇所(安威川)(PDF:93.9KB)

(6)水害時の避難場所の開設箇所(水無瀬川)(PDF:77.5KB)

避難のポイント

避難のポイントについてのイラスト

1.安全で動きやすい服装で

避難するときは、動きやすい服装で、靴は底の厚く履きなれたものを選びましょう。

2.足元に注意

冠水した道では、マンホールや側溝などの危険箇所がわかりにくいため、長い棒等を杖代わりにして安全確認を。

3.水の深さに注意

歩行できる深さは、一般的に男性で70センチメートル、女性で50センチメートル。
深さが腰まであったり、浅くても水の流れが速い場合は無理せず高所で救援を待つ。
浸水により避難場所までの歩行などが困難な状態になった場合には、生命を守る最低限の行動として、自宅や隣接建物の2階などへ緊急的に避難するなどの行動をとってください。

4.単独行動は危険

はぐれないようお互いの身体をロープで結び、集団で避難を。子どもから目を離さない。

5.災害時要配慮者の安全確保

高齢者や病人は背負う、子どもには浮き袋をつけるなどして、安全の確保を。

6.車で避難しない

車での避難は、ブレーキが利きにくくなったり、マフラーから水が入るとエンジンが動かなくなります。

外部サイトへ参考:急な大雨や雷・竜巻から身を守るために(気象庁)

お問い合わせ先
高槻市 総務部 危機管理室
高槻市役所 本館4階
電話番号:072-674-7314
ファクス番号:072-675-8184
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる