現在の位置

平成29年6月定例会閉会に当たってのあいさつ

平成29年6月23日、平成29年6月高槻市議会定例会の閉会に当たって、濱田市長が本会議場で述べた内容です

閉会に当たりまして、一言、ご挨拶を申し上げます。

 

本定例会は、今月8日の開会以来、本日に至るまで16日間にわたり、開催されてまいりました。この間、議員各位におかれましては、提案申し上げました議案に対し、それぞれに適切な御決定をいただき、誠にありがとうございました。

 

今議会におきまして、議員各位からいただきました御意見、御指摘等につきましては、十分に留意し、今後の市政運営に当たってまいります。

 

さて、安満遺跡公園内施設のネーミングライツパートナーの決定について、御報告いたします。

4月から開始した、本市初の取組であるネーミングライツパートナーの募集については、パークセンター及びトイレについてそれぞれ応募があり、パークセンターは株式会社ボーネルンドに、トイレは株式会社高浄に決定しました。提案金額は5年間の総額で、それぞれ255万円及び300万円となっております。

今後も公園経営の視点を念頭に、税外収入の確保に向けて、鋭意取り組んでまいります。

 

次に、安満遺跡公園内の雨水貯留施設の完成について、御報告いたします。

平成26年度から、貯留量20,000立方メートルの施設を整備してまいりましたが、今月末にいよいよ完成する運びとなりました。

計画降雨を上回る集中豪雨に対応する施設としては、府内最大級であり、本市南東地域の浸水被害の軽減に大きな役割を果たすものです。

今後も着実に総合雨水対策に取り組み、安全・安心のまちづくりを推進してまいります。

 

次に、英語指導助手及びスーパーバイザーが加入している労働組合が、「本市が平成27年度に英語指導助手等との契約を継続しなかったことが不当労働行為に当たる」として、大阪府労働委員会に救済を申し立てていた事件について、御報告いたします。

本件につきましては、6月13日、大阪府労働委員会から命令書が交付され、その内容は、「本市が平成27年度に英語指導助手との契約を継続しなかったことについては、不当労働行為には当たらず棄却する」というものでした。

一方、「スーパーバイザーとの契約を継続しなかったことについては、不当労働行為に当たる」とされ、本市の主張が一部受け入れられない内容でありました。

本市といたしましては、命令書を十分に精査した上で、今後の対応について検討してまいります。

 

最後に、新たに提起された2件の訴訟事件について、御報告いたします。

まず、6月9日、本市を被告として、土地明渡請求事件が提起され、6月20日、訴状及び呼び出し状が大阪地方裁判所から送達されました。

訴えの主な内容は、本市が天神町一丁目において、道路整備を行った際に設置した道路側溝及び集水枡等が、原告所有の土地に設置されたとして、これらの撤去と土地の明渡しを求めるものです。 

本市といたしましては、訴訟代理人を選任の上、適切に対応してまいります。

 

次に、5月26日、住民訴訟が提起され、6月22日、訴状及び呼び出し状が大阪地方裁判所から送達されました。

訴えの主な内容は、富田町財産区保有土地の売却に伴い、水利権補償金を支払ったことなどが違法であるとして、損害賠償等を請求するものです。

本件につきましては、訴訟代理人を選任の上、適切に対応してまいります。

 

以上で、行政報告を終わらせていただきます。

 

最後に、まもなく7月、梅雨明けとともに夏本番を迎える季節となりますが、議員各位におかれましては、健康にはくれぐれも御留意いただき、引き続き、本市の発展のためにご活躍いただきますよう御祈念申し上げまして、閉会に当たりましての御挨拶とさせていただきます。

 

 

 

 

お問い合わせ先
高槻市 総合戦略部 政策経営室
高槻市役所 本館3階
電話番号:072-674-7392
FAX番号:072-674-7384
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただく場合があります。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

高槻に住もう!たかつき ウェルカムサイト 定住促進特設サイト

議会でのあいさつ

ページの先頭へもどる