現在の位置

平成27年12月定例会閉会に当たってのあいさつ

平成27年12月17日、平成27年12月高槻市議会定例会の閉会に当たって、濱田市長が本会議場で述べた内容です

閉会に当たりまして、一言、ご挨拶を申し上げます。

 

本定例会は、11月30日の開会以来、本日に至るまで18日間にわたり開催されてまいりました。

 

議員各位におかれましては、ご提案申し上げました各議案に対しまして、審議を経て、それぞれに適切なご決定をいただきました。

また、平成26年度各会計の決算等につきましても、それぞれご認定をいただき、誠にありがとうございました。

 

今議会や、先の決算審査特別委員会の審議において、議員各位から頂戴しましたご意見、ご指摘等につきましては、今後、その対応に十分に留意しながら、市政運営に取り組んでまいります。

 

さて、ここで、本市域の地産地消の取組が、農林水産省の地産地消優良活動表彰において、近畿農政局長賞を受賞いたしました件について、ご報告いたします。

本市が取り組んでいるビニールハウスの設置に対する補助や朝市の開設、エコ農産物や特産品栽培促進への支援、また、高槻産米及び地元産野菜を学校給食で積極的に利用していることなどが大きく評価され、本市を含め、JAたかつきや農業振興団体協議会などで構成される高槻市地産地消推進協議会が表彰され、大阪府内では唯一となる近畿農政局長賞を受賞することとなりました。

今後とも、関係機関と連携して、地産地消の取組を推進してまいります。

 

次に、「広報たかつき」のコンクール入賞について、ご報告いたします。

このほど行われました、毎日新聞社主催の第28回近畿市町村広報紙コンクールにおいて、「広報たかつき」9月号が、応募67団体中、優秀賞2席に選ばれました。審査では、写真、レイアウト、見出し、色使いなど、どれもが熟慮されており、センスの高さが伺えるなど、見せ方の工夫がなされていると高く評価されたと伺っております。

昨年の最優秀賞に引き続きの受賞で、1年を経過し、高槻の魅力再発見、情報発信の工夫が改めて、評価されたものと考えております。

今後とも、本市の更なる魅力発信の契機となるような広報誌づくりに努めてまいります。

 

以上で、行政報告を終わらせていただきます。

 

さて、本日が本年最後の議会になろうかと存じます。今年も残り少なくなりましたが、ここで、本市における印象的な出来事を振り返ってみたいと思います。

 

本年は、昨年施行された「まち・ひと・しごと創生法」に基づく「地方創生」に向けた取組が、国を挙げて推進された年でございました。本市におきましても、これまで取り組んできた定住人口増に向けた取組を継続・発展させるべく、「高槻市人口ビジョン」及び「高槻市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の来年3月の策定を目指し、取り組んでまいりました。

この総合戦略に掲げる具体的な事業の一つである「定住促進プロモーション事業」では、大阪モノレールのラッピング広告を始めとする広域的なプロモーション活動など、これまでの取組に加え、9月から11月までの3か月間、FM802と連携し、本市の魅力を関西一円に発信するラジオ番組を放送いたしました。さらに、この番組等を活用した市民参加型プロモーション企画を展開するなど、より効果的な魅力発信に取り組んでおります。

また、本年は、9月に発生した台風18号の影響による関東・東北豪雨災害など、集中豪雨による被害が全国各地で起こった年でもございました。

本市におきましても、台風11号の影響による激しい雨により、山間部の市道や公園墓地内の斜面が崩れるなどの被害が発生したことから、鋭意、復旧作業にあたっております。

このように近年頻発する集中豪雨による浸水被害低減のため、安満遺跡公園内に雨水貯留施設の建設に着手するなど、総合雨水対策アクションプランに基づく対策も進めてまいりました。

また、11月には、大雨による土砂災害発生を想定し、防災関連機関の技術力の向上と相互協力体制の強化を図るため、樫田地区において防災訓練を実施いたしました。

あわせて、同日に、コミュニティ市民会議との共催により、防災意識の向上と避難所運営体制の構築を目的に、本市北東地区を対象とした市民避難訓練を実施いたしました。

今後も防災・減災に向けて、引き続き全力をあげて取り組んでまいります。

 

さて、本市の玄関口であるJR高槻駅周辺に目を向けますと、来年春の供用開始を目指し、ホームの新設と昇降式ホーム柵の設置工事が着実に進められております。これに合わせ、本市におきましても、JR高槻駅西口周辺道路の整備工事を鋭意進めてまいりました。

これらの供用開始により、JR高槻駅の利用者・歩行者の安全性・利便性が図られ、更なる本市の魅力向上に繋がるものと期待しております。

 

以上、本市にとりまして、印象的な出来事を振り返ってまいりました。

私自身にとりましては、本年5月、市民の皆様からの力強く温かいご支援をいただき、第21代の高槻市長として、2期目の市政の舵取りを担わせていただくこととなりました。

一期目で道筋を付けた安満遺跡公園整備を始めとするビッグプロジェクトを着実に推進するとともに、全市立中学校での土曜学習支援事業の実施やがん検診の無料化のほか、通学路への防犯カメラの設置に向けた取組など、市民目線での取組も進めてまいりました。

 

この間、議員の皆様、市民の皆様からは、数多くのご意見、ご指摘を頂戴いたしました。この皆様からの声を真摯に受け止め、高槻の将来の発展を見据えたまちづくりを展開すべく、「みらい・創生」を目指し、来年も更なる施策の充実を図ってまいります。

 

最後になりましたが、議員の皆様方におかれましては、この1年、市政発展のため、大変お世話になり、誠にありがとうございました。

健康には十分ご留意いただき、引き続き、ご活躍いただきますとともに、ご指導、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

あわせて、議員の皆様、市民の皆様におかれましては、良き新年を迎えられますよう、ご祈念申し上げまして、閉会に当たりましてのご挨拶とさせていただきます。

お問い合わせ先
高槻市 総合戦略部 政策経営室
高槻市役所 本館3階
電話番号:072-674-7392
FAX番号:072-674-7384
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただく場合があります。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

高槻に住もう!たかつき ウェルカムサイト 定住促進特設サイト

議会でのあいさつ

ページの先頭へもどる